葬式の挨拶

葬式の挨拶は参列者として何を言うべき?

葬式の挨拶は参列者として何を言うべき?

大人になるにつれてお葬式などに出席する場面が増えてきますね。

出席することになり、通夜や葬儀に行く際に、喪主の方や親族などに挨拶を言う場面があります。

その時に参列者としてどんな言葉を伝えるのがいいのでしょうか。

 

何となく知っているような、でもちゃんと知りたいという方に見て頂きたい。

そこで今回は、そんな葬式の挨拶は参列者として何を言うべきかなどを見ていきたいと思います。

 



スポンサーリンク

 

葬式に参列者として参列した時に言うべき言葉は?

葬式の挨拶は参列者として何を言うべき?

葬儀に参列した時に言うべき言葉には決まりはありませんが、遺族側を配慮した言葉を伝えます。

最初からいきなり病状や死因などを聞くのは失礼に当たるのでやめましょう。

 

まず、参列した時に言う言葉にお悔やみの言葉があります。

お悔やみの言葉とは、故人の死を悼み悲しむ気持ちをこめて述べる言葉をさします。

 

遺族の気持ちを考えることが一番ですが、自分の立場をわきまえた適切な挨拶をするように心がけましょう。

 

よく使われるフレーズには、

  • 「このたびはご愁傷様です。」
  • 「このたびは突然のことで大変でしたね。」
  • 「心からお悔やみ申し上げます。」

などがあります。

 

葬儀に行った時に初めに使う言葉と言ってもいいです。

 

お悔やみの言葉を使うときは、常に控えめに、大きな声、笑い顔はNG。

 

なので、最初の「この度は」だけ小さな声でハッキリ言い、その後の「ご愁傷様です」はトーンを落としてごにょごにょ消えるようにしてしまって大丈夫ですし、極端にいうと、故人の家族と親しい関係でなければ黙礼で大丈夫です。

 

葬式で挨拶するタイミングは?

葬式の挨拶は参列者として何を言うべき?

葬儀での挨拶をするタイミングは色々な場面があります。

まず葬儀に行くと受付を通ります。

この受付でまず挨拶を行い、受付しましょう。

 

受付での挨拶は「このたびはご愁傷様です」くらいの挨拶で大丈夫です。

軽く黙礼して受付を済ます人も多いです。

開式前も挨拶の場面ですね。

 

開式前の遺族は親戚や参列者、僧侶への挨拶に加え、式の打合せ、供花の札の順番の決定など、あわただしい時間を過ごしています。

 

お付き合いの度合いにもよりますが、遺族への挨拶はできるだけ手短にし、お悔やみの言葉に加えて「お手伝いできることがあればお申し付けください」と声をかける程度にしておきます。

 

故人と直接親しい場合には故人と対面される方もいらっしゃるかと思います。

故人へ近づき手を合わせ一礼して対面します。

 

「安らかなお顔ですね」など、遺族をいたわる言葉と「ありがとうございました」というお礼の言葉を忘れずに伝えます。

葬式後の通夜の席では、故人や遺族と直接親しい間柄だったら、故人を一緒に思い出しながら話しをしましょう。

その際も遺族側を配慮した言葉を使いましょう。

 

葬式の挨拶で言ってはいけない言葉とは?

葬式の挨拶は参列者として何を言うべき?

葬式での挨拶を行なうときに使ってはいけない言葉があります。

使ってはいけない言葉に忌み言葉があります。

 

忌み言葉とは、「重ね重ね」「かえすがえす」など同じ言葉をかさねたものや「再び」「続いて」など、死があたかも次々に連鎖するようなイメージを与えるような言葉を言います。

 

言霊(ことだま)という言葉があるように、言葉には霊が宿るという言い伝えもあり、不吉な言葉を発すると凶事が起こるにちがいないと恐れられていたこともあって、葬儀の際は忌み言葉を避けるようにしましょう。

 

お悔やみの言葉で「ご冥福をお祈り申し上げます」と使われる方もいらっしゃると思いますが、この言葉は多用しないようにしましょう。

冥土は仏教用語ですから、神道やキリスト教では使わない言葉です。

 

また、冥土をさまようという概念を持たない浄土真宗でも不適当な言葉となります。

浄土真宗は、人は死後すぐに浄土へ行くという教えに基づきます。

 

忌み言葉と同様、気にしすぎたらキリがありませんが、遺族に失礼にならないように、神道やキリスト教葬儀では使用しないように注意しましょう。

 



スポンサーリンク

 

葬式の終わりの挨拶で意識するべきポイントは?

葬式の挨拶は参列者として何を言うべき?

葬式終わりでの挨拶もどのように伝えたらよいのか迷いますよね。

お悔やみの言葉はもちろん必要ですが、遺族へのいたわりをこめながら慎み深い挨拶を心がけるようにしましょう。

 

遺族の方への挨拶は、故人が亡くなられた詳しい情報が入っておれば、その情報に合わせた挨拶の言葉を入れる心配りが大人のマナーです。

情報が入っていない場合はこちらから尋ねることは避け一般的な挨拶で済ませるようにしましょう。

 

  • 「先日お目にかかった折には、お元気でいらっしゃいましたのに急にお亡くなりになられて残念でなりません。」
  • 「突然の出来事でさぞかしお嘆きのことでしょう。お悔やみの申し上げようもございません。」
  • 「この度はご愁傷様でございます。落ち着かれた頃に改めて出直して参りますので私にお手伝いできることがあればなんでもおっしゃってください。」
  • 「この度はご愁傷様でございます。いろいろ大変だと思いますがどうぞお力落とされず、お気持ちをしっかりお持ちになってください。」

 

などとお悔やみの言葉と一緒に添えて伝えるのもいいです。

その時は遺族側に配慮して伝えましょう。

 

まとめ

葬式の挨拶は参列者として何を言うべき?葬式の挨拶は参列者として何を言うべき?

今回は、葬式の挨拶は参列者として何を言うべきかなどを見ていきました。

葬式に参列したはいいが、あまりお悔やみの言葉などの知識を知らずにいってしまい、遺族側に不快な思いをさせたくありませんね。

参列者として行く場合にも、遺族の方よりは挨拶をする場面が少ないですが、ちゃんとしたマナーを知っておいた方がいいです。

 

遺族の方は悲しみも冷めやらぬ中、お通夜や葬式中は気が張って大変お疲れだと思います。

ご遺族の気持ちをお察しして思いやりを持って接しましょう。

お悔やみの言葉や使ってはいけない言葉をわきまえた挨拶を出来るように少しでも参考になれば幸いです。

 



スポンサーリンク