ハンカチ

葬式に持っていくハンカチの色は?男性と女性で違う?

葬式に持っていくハンカチの色は?男性と女性で違う?

大人になるにつれて行く回数が多くなるのがお葬式。

お葬式に行くときに気をつけたいのが葬式マナーです。

この葬式マナーにも色々ありますが、一番目に入る所が身なりではないでしょうか。

 

身なりもちゃんとしないと相手側に不快な思いをさせてしまいマナー違反になりかねません。

 

そこで今回は、お葬式におけるマナーの一つハンカチについて見ていきたいと思います。

結構ハンカチの色に迷ったりどうしたらいいのか分からない物ですよね。

色もマナーがあるので見ていきます。

 



スポンサーリンク

 

葬式に必ずハンカチは持っていくべき?

葬式に持っていくハンカチの色は?男性と女性で違う?

ハンカチも葬式に参列する際に持参していく小物の一つですよね。

ハンカチは必ず持って行くべきものなのか、どうしたらいいのか悩むところです。

葬儀・告別式などお葬式でのハンカチは、手をふいたり涙をぬぐったりするため必需品です。

 

ですので、出来るだけ持参して行く事をお勧めします。

ハンカチ自体涙をぬぐう以外にも使う事がある小物なので所持しておくべきです。

 

ハンカチは意外にも袱紗の代用品としても使う事が出来るのです。

男性は女性と違いバッグを持たず手ぶらのため、忘れずにスーツのポケットにハンカチを用意しましょう。

 

葬式には何色のハンカチならOKなのか?

葬式に持っていくハンカチの色は?男性と女性で違う?

葬式に参列する際にハンカチは何色を持って行けばいいのか見ていきます。

 

男性の場合

葬式の持参していくハンカチの色は男性の場合は特に厳しいマナーは無いのですが、基本的には無地で白の無地でシンプルなデザインの物を選びます。

地域や宗教によって色なども変わってくる場合があるかもしれませんが、葬儀用のハンカチとして売られているものを見てみると男性は無地でシンプルなものが多いです。

 

現在の葬式や告別式の服装は基本的に「黒」です。

その為、白でなくてはいけないという決まりがなくなり、薄いピンクや薄い水色、黒でもいいようです。

その他にもグレーや淡い紫色など、袱紗の色に似たような色もよく見かけます。

 

女性の場合

葬式の持参していくハンカチの色は女性の場合も基本的に厳しいマナーはありません。

選ぶなら無地の白色を選びます。

女性の場合にも薄いピンクや薄い水色、黒、グレーや淡い紫色など袱紗の色などを選んでも良いです。

 

ハンカチというものはあまり人から見られるものではないのでとやかく言う人は少ないと思うので気にしすぎなくて大丈夫だと思います。

 

ですが、派手な色は葬式の時は控えるのがマナーですので心配な方は無地の白色を選ぶのをお勧めします。

葬式というのは涙が多い席でもあるので、素材は綿100%のものを選ぶと涙を流しても安心です。

 

子供の場合

子供の場合は喪服を持っていない場合が多く、制服などを着せる場合が多いと思います。

制服が無い場合は黒白のモノトーンのコーディネートを基本に紺やグレーなどを選びます。

子供もハンカチを持参する場合は、基本的に白色か黒色を選ぶのがマナーです。

 

もし無い場合には、学生らしいもの、派手でないものであればOKです。

目立たないものを持たせましょう。

小さいお子様は特にハンカチなどの小物は無くしやすいので、失くさないようにポケットにきちんと入れてあげるといった配慮が必要です。

 



スポンサーリンク

 

葬式にはふさわしくないNGなハンカチとは?

葬式に持っていくハンカチの色は?男性と女性で違う?

葬式にハンカチを持参する際は、白色が基本の色です。

ですので、派手目な色は控えなくてはいけません。

原色、特に赤、緑、ピンクなどでの原色はNGです。

 

葬式には赤などの色は相応しくないので絶対に選ばないようにします。

その他、ハンカチにデザインが入った物も沢山売られていますが、葬式では出来るだけデザインも入っているものを選ぶならシンプルな物を選びます。

 

ラメ・ストーンなど光る装飾はNGです。

ハンカチの素材は上記にあげた綿などがいいのですが、吸水性といえばタオル生地ですが、タオル生地はカジュアルになりやすいのでお勧めは出来ません。

 

ですが、夏場に白色や黒色のタオルハンカチを持参される方はいらっしゃるので一概に駄目とはいえません。

 

葬式のマナーに合ったハンカチの柄は?

葬式に持っていくハンカチの色は?男性と女性で違う?

葬式に持参するハンカチの色やNGなものを見ていきましたが、葬式マナーに合ったハンカチとはどういったものなのでしょうか。

今や色々な柄もののハンカチが売られていますが、葬式は基本的にシンプルを選ぶのがマナー

 

無地が基本とされていますが、派手なものでなければ刺繍をあしらったものや控えめなレースは問題ありません。

 

同色のロゴ刺繍がほどこされたものやレースの縁取りがついたものなど、さまざまなブランドからブラックフォーマル向けハンカチが販売されていますのでチェックしてみるといいのではないでしょうか。

 

葬式におけるハンカチの持ち方は?

葬式に持っていくハンカチの色は?男性と女性で違う?

ハンカチの持ち方は、男性は手ぶらですからスーツのポケットの中に、女性はバッグの中にハンカチを携帯します。

ハンカチは必要な時に手に持つようにします。

 

また、和装の場合は、袂にハンカチを入れておいてもかまいません。

ポケットティッシュは中身だけを出してハンカチに挟んでおくと、ガサガサと音がせずに取り出せるので、厳粛なシーンではスマートです。

 

ハンカチを手に持つときに一緒に注意したいのが、女性のネイルです。

どうしてもネイルは派手な印象を与えやすいので参列者の目にとまりやすいです。

葬式に参加する際はネイルも落としていくことをお勧めします。

 

お葬式用の黒の手袋などで隠すこともできますが、お焼香の時に手袋は外すのがマナーと考える人が多いため気をつけたい点です。

 

まとめ

葬式に持っていくハンカチの色は?男性と女性で違う?

今回は、葬式に所持していくハンカチについて見ていきました。

ハンカチのマナーとして男性も女性も違いは無いことが分かりました。

 

しかし、ハンカチも小物といえどちゃんとした葬式マナーがあり、色や柄なども様々です。

葬式では基本は白色や黒色なので、その葬式マナーに見合ったものを選ぶようにしましょう。

 

急なお別れの場では、喪服を着ていても、うっかりハンカチまでは気がまわらなかったなんてこともあります。

社会人になったら冠婚葬祭で使えるフォーマル用のハンカチを用意しておくと、急なお葬式でも慌てなくてすみます。

 

ハンカチも人の目に入るものになりますから、マナーを守らないと恥をかいてしまう場合が出てきます。

そうならないようにマナーを知るときの参考になれば幸いです。

 



スポンサーリンク