服装

葬式の服装として男性の正しい装いは?

葬式の服装として男性の正しい装いは?

お葬式に参列する事になった時に気になるのが服装ですよね。

葬式に参列する時の服装というとマナーが決まっていて何だか難しいイメージ。

 

葬式に行ってマナーを間違えてしまい、相手側に失礼にならないようにしたいです。

男性も服装のマナーがしっかりあるのでチェックしたいですね。

 

そこで今回は、葬式の服装、男性編をお伝えしていきたいと思います。

 



スポンサーリンク

 

葬式に参列する時の男性の喪服は?

葬式の服装として男性の正しい装いは?

葬式に参列する時の服装を見ていきます。

 

スーツについて

男性の葬式で着る一般的に着る喪服は、準喪服のブラックスーツになります。

ブラックスーツは、黒無地のシングルスーツかダブルスーツのことです。

 

ブラックスーツには、フロント・ボタンが1列になっている「シングル」と、2列の「ダブル」の2種類があります。

従来はダブルがより正式の喪服とされていましたが、最近はシングルを着る方も多くなっています。

シングルを着てもマナー面での問題はありません。

 

準喪服は、通夜、葬儀・告別式、一周忌までの法要で遺族や親族、そのほかの一般参列者も着ることができる適用範囲の広い喪服です。

 

ただし、黒のスーツ=ブラックスーツととらえないように注意しましょう。

葬儀・告別式の際、黒のビジネススーツを着るのはマナー違反になります。

 

シャツについて

喪服で着る際のシャツは必ず、白無地のシャツを着用します。

柄のない無地の白が基本ですが、急きょ通夜に駆けつける場合は、無地でなくてもかまいません。

 

ただし、訃報からある程度時間がある場合は、やはり白無地のシャツに着替えて参列するように心がけます。

葬儀・告別式においては、白無地のシャツ以外はマナー違反です。

 

ネクタイについて

男性が喪服を着用する時は、ネクタイは必ず着用するのがマナーです。

柄のない無地の黒で、光沢のないネクタイを選びます。

ネクタイピンははずします。

 

葬式という場所は黒を基調として服装を作りますので、ネクタイピンなどの光り物はマナー違反となります。

ネクタイの結び方はいつも通りでかまいませんが、「ディンプル(ネクタイを結んだときにできるくぼみ)」をつくるのはマナー違反になるので、気をつけましょう。

 

靴・靴下について

男性の喪服に合わせる靴、靴下も基本黒を選びます。

靴は、黒色の内羽根でストレートチップが基本です。

 

中敷き(インソール)の色は黒が好ましいですが、派手な色でなければ特に気にしなくても良いです。

靴を脱ぐ場面で気になりそうという方は黒色のインソールが販売されていますので利用しましょう。

 

素材も光沢がない、布、ポリエステルなどの生地、本革、合成皮革がマナーです。

つま先のデザインでは、装飾のないシンプルなプレーントゥも選んでOKです。

 

靴下も基本黒の無地を選びます。

短くてくるぶしが見えるようなものはよくありません。

柄が入っているものも避けましょう。

 

お通夜に参列する時の男性の喪服は?

葬式の服装として男性の正しい装いは?

次は通夜に参列する際の服装を見ていきます。

 

スーツについて

男性の場合、喪服というとブラックスーツを着用するのが一般的です。

ブラックスーツは通夜でも葬式でも幅広く着用出来るので選ばれる方が多いです。

 

このブラックスーツ以外にお通夜の席で着用出来るのが略喪服として着用する平服です。

通夜の前の弔問(仮通夜)や、三回忌以降の法事で着用します。

 

文字通り普段の服装ですが、カジュアルにならない、控えめ、地味めの服装を心がけることが大切です。

男性の場合は黒や濃紺、グレーといったダークカラーのスーツを選びましょう。

 

シャツについて

お通夜に参列する際のシャツの色も基本白無地です。

たまに黒のワイシャツやグレーなどもありますが、葬式のマナーとしてはまず白色を選びます。

熱い季節の場合には、ワイシャツも長い袖を着たくないと思う方は多いと思いますが、半袖のワイシャツを葬儀や通夜の席では着用出来ます。

 

しかし、上着は持っていき、葬儀中のみ上着を着ておくことで良いとされていますので、もしちょっと長袖ではという方は中に半袖を着て行きましょう。

ワイシャツは無い時に大変なので何かのために1枚持っておくといいので、事前に準備しておくのもいいと思います。

 

ネクタイについて

お通夜の席でもスーツを着た際はネクタイを着用するのがマナーです。

カジュアルなシャツにジャケットといった服装ならネクタイは必要ないかもしれませんが、基本はネクタイを締める格好にされる方が多いです。

 

ネクタイも基本は黒を選びますが、通夜の席では濃紺やグレーなど地味な色のネクタイもOKです。

この色なら無地でもOKですし、ドットやストライプの柄が入っていても小さく地味目なら問題ありません。

 

要は喪服に見えず、派手ではないネクタイであればいいわけですから、あまり難しく考えすぎなくて大丈夫です。

 

靴・靴下について

靴も葬式などと同じ考えです。

基本は光沢のないを選びます。

もし黒ではない色を選ぶのなら紺やグレーなどを選びましょう。

 

その際も光沢のない靴を選びます。

靴下も同じで、黒色や紺やグレーなど地味な色を選びます。

通夜の席だからと言い、カラフルな色や光沢のあるもの、飾りがついているものを選んではマナー違反になり、失礼に値するので注意しましょう。

 

ローファーは一見シンプルに見えますが、カジュアルとされるのでNGです。

もちろんビットローファーも金具がついているのでダメです。

 



スポンサーリンク

 

葬式に参列する時にNGな服装は?

葬式の服装として男性の正しい装いは?

葬儀に参列する際に男性の場合は、ブラックスーツを選ぶと書きましたが、遺族や親族しか着れない正式礼装があります。

知らずにこの正式礼装を着用してしまうと大変なマナー違反になるので注意します。

 

そしてブラックスーツを選ぶ時も注意が必要です。

黒のスーツを持っている方は多いと思いますが、黒のスーツ=ブラックスーツではないので、葬式の席で黒のビジネススーツを着ないようにしましょう。

 

ブラックスーツはビジネススーツと違って、生地が光沢のない生地で出来ているので、急な葬式などに対応出来るように1着持っておくと良いでしょう。

 

まとめ

葬式の服装として男性の正しい装いは?

今回は、葬式の服装として男性の正しい装いを見ていきました。

男性の場合にも服装のマナーが沢山ありましたね。

最近ですと、葬式なども昔とスタイルやマナーが変わりつつあります。

 

しかし、時代は変わっても、故人を悼み、厳粛な気持ちでお見送りをする姿勢は大切です。

お葬式に参列する際の服装と身だしなみは弔意の表れでもありますから、男性は男性の喪服のマナーを踏まえてお葬式に行き、遺族をお慰めし、故人をお見送りしましょう。

 



スポンサーリンク