服装

葬式の服装で子供には何を着せればいい?

葬式の服装で子供には何を着せればいい?

お葬式に行くときに迷ってしまうのが、子供の服装です。

 

急なお葬式に大人みたいな喪服を持っている人は少ないですし、お葬式など年に何回もある訳ではないので、すぐ着れなくなる子供の喪服を準備するのもお金が勿体ない気がしてしまう方もいると思います。

 

そんな葬式における子供の服装で悩んでいる方に向けて、今回は葬式の服装で子供には何を着せればいいのか見ていきたいと思います。

 



スポンサーリンク

 

葬式の服装で子供に着せてはいけない服装は?

葬式の服装で子供には何を着せればいい?

子供の場合は喪服を持っている方が少ないと思います。

そうなると私服で対応しようとしますね。私服を着せるのはいいが、どのような服装がNGなのか。

 

まず、私服の場合に着せてはいけないものに、派手な服の色は避けます。

葬式には黒などの地味めな服を選ぶのがマナーなので派手な原色の服などはNGとなります。

子供だからといいカジュアルな服装はNGです。

 

パーカーやジーパンのようなデザインの服装は、カジュアルすぎて葬儀にはふさわしくありません。

素材もフリースやナイロン製のものはどうしてもカジュアルな印象になるので辞めましょう。

 

また、色やデザインがシンプルでもキャラクターのデザインやボーダー柄のが服装はふさわしくないので避けましょう。

 

女の子の場合、スカートをはかせる場合が多いと思いますが、女の子だからと言ってあまりにも短いスカートを選ぶのはマナー違反です。

出来るだけ露出の少ない服装を選びましょう。

 

子供の場合、葬式などは慣れていない場所でもあります。

そんな時に、あまりにも慣れない服装をするとぐずってしまう事もあるかも知れません。

 

あまりにも堅苦しい服や着心地が悪い服だと機嫌が悪くなることも。

小さい子供にはなるべくマナーを守りつつ、着慣れた服装をさせてあげましょう。

機嫌が悪いと葬式中にご迷惑をかけてしまう場合があるので、臨機応変に考えましょう。

 

葬式に相応しい子供の服装は?

葬式の服装で子供には何を着せればいい?

では、子供の服で相応しい服を見ていきます。

できるだけ華美でない服装であれば特に問題は無いとされています。

 

乳児の場合

乳幼児の場合は、服装を探すのが大変です。

乳幼児の喪服なんて持っている方はまずいないです。

黒やグレーの服なども少ないと思われるので、乳幼児の服を選ぶ時は出来るだけモノトーンのものを選びましょう。

 

白色も着用して大丈夫です。

もしモノトーンの色が無くて難しければ、薄い水色や、ベージュなどの白に近い色でもOKです。

 

乳幼児の場合、服装などには花柄やフリルなどがついたものが多いですが、出来るだけそのような華やかな印象を与えるものは避けて、無地なものを選びましょう。

どうしても無い場合は、モノトーンを基調に出来るだけ派手に見えない服を選びます。

 

乳幼児がお通夜やお葬式に参列する場合は近親者が亡くなった場合になりますので、他の参列者もかなり大目に見てくれるはずです。

 

また、乳幼児の場合には、泣き出してしまう可能性もありますので、その場合はすぐに席を外せるように出口に近い場所で参列するようにしましょう。

 

幼稚園児の場合

幼稚園児の場合は、その園によって制服があるところがありますよね。

葬式に幼稚園児を連れて行く場合には、制服があれば制服を着せましょう。

但し鮮やかな色のリボンやネクタイがある場合などは、取り外しましょう。

 

もし制服がない場合は、できるだけきちんとした印象を与える服装を心掛けて下さい。

王子様祝い事で来た服装があればそれを活用していいと思います。

白のポロシャツと紺色やグレーのスカート、ズボンを合わせるのでも十分です。

 

基本は、モノトーンな色の服を選び、出来るだけ光沢のないものだといいです。

よくシャツなどにキャラクターやアクセントでプリントされているものもありますが、もし着せる場合は見えないようにベストを着せるようにしましょう。

ワンポイントであまり目立たないものならOKです。

 

女の子の場合はワンピースでも構いませんが、この場合は黒が無ければ紺、グレー、茶など、できるだけ暗い色を選んで下さい。

無地が難しければ、多少の柄であれば特に気にする必要はありません。

但し、無地でもサテンなど光沢のある生地は避けて下さい。

 



スポンサーリンク

 

小学生~高校生の場合

小学生から高校生も同じです。

制服がある場合は制服を着せましょう。

 

小学生ならもしかしたらモノトーンの制服みたいな服を持っていない場合もあるので、その場合は上記であげた乳幼児と同じく、出来るだけモノトーンな色を選び、白のポロシャツと紺色やグレーのスカート、ズボンを合わせましょう。

 

あまりにもカジュアルな服装や派手な色彩 はNGですので避けましょう。

中学生であれば大体は制服になると思いますが、もし無い場合にはブレザーとズボン、白いシャツ。

 

黒、紺、グレーなどのものを着用し、女の子はブレザーとスカート。

ワンピースなどもOKで、白いブラウス、黒、紺、グレーなどのものを着用しましょう。

高校生になれば制服を持っている方が多いので、その場合には制服を着ます。

 

もし、ネクタイやリボンがついていたら外しておきます。

制服がない場合には、上記であげた服装を心がけて選びましょう。

 

基本は、「手元にあるものでできるだけきちんとした服装」です。

それを心掛ければ服装のマナーは十分に満たしていますので、あまり神経質になる必要はありません。

 

大学生の場合

大学生の場合には、社会人として大体はスーツを持っている場合が多いと思います。

その場合にはスーツで代用してもいいですが、大学生になったら今は成人の仲間入りになるので、喪服の1着でも準備してもいいと思います。

もしスーツなどでいかれる場合には出来るだけを選び、光沢のないものを選びましょう。

 

光沢のあるものは、葬式の席ではマナー違反になりますので注意しましょう。

喪服を1着持っておくと、冠婚葬祭で使えますので事前に購入して置くことをお勧めします。

男性の場合は黒のスーツ、女性の場合は黒のスカートを選びます。

 

スーツの場合ストッキングを履かれる場合が多いですが、ベージュの色ではなく葬式の時のストッキングの色は黒を選びます。

ストッキングも60デニール以下を選び、タイツでなくて大丈夫ですが、柄が入っているものは控えましょう。

 

伝線した時用に予備もあると安心です。

大学生の場合は、大人と同じマナーになるので、大人の喪服のマナーを参考にして服装を選ぶとよいでしょう。

 

まとめ

葬式の服装で子供には何を着せればいい?

今回は、葬式の服装で子供には何を着せればいいのか見ていきました。

小さいお子さんがいるところは葬式の服装に迷ってしまいますね。

モノトーンな色を選びたいが、普段着ている服にはモノトーンの色が無い時に困ってしまいます。

 

赤ちゃんなどの乳幼児はいいとして、幼稚園児などになれば制服などがありますので上手に活用していきたいですね。

大学生などはもう大人と同じ扱いになりますので、葬式マナーを少しでもチェックしておくとよいのではないでしょうか。

これからまた冠婚葬祭などで礼服が必要になることがありますので、1着準備するのもよいのではないでしょうか。

 

皆さんの参考になれば幸いです。

 



スポンサーリンク