服装

葬式の服装の基本!親族として参列する時の装いは?

葬式の服装の基本!親族として参列する時の装いは?

葬式に参列する事になると悩むのが服装ですよね。

しかも親族として葬式に参列するときの服装はどうしたらいいのでしょうか?

大体は喪服を着る方が多いですが、服装のマナーなどはあるのか気になります。

 

女性ならマナーに気をつける事が多いですが、男性の場合は服装のマナーがあるのでしょうか。

そこで今回は、葬式の服装の基本と親族として参列する時の服装を見ていきたいと思います。

 



スポンサーリンク

 

親族として参列する時のNGな服装は?

葬式の服装の基本!親族として参列する時の装いは?

親族として参列する時に身につけるのは喪服ですが、喪服にも礼装があり基本的に親族は弔問客より格が上の喪服を着用します。

礼装には和装、洋装とありますが、最近では一般参列者の場合、洋装での弔問が一般的となっています。

親族側も洋装でもマナー違反ではありませんが、喪主の妻あるいは故人の妻として参列する場合は和装での参列が良いでしょう。

 

よく男性の場合は、喪服ではなく黒のスーツを着用している方を時々見かけますが、普通の黒スーツではいけません。

光沢のないブラックスーツを選びます。

 

女性もまた親族でワンピースを着用する場合も同じです。

光沢のある黒や色があるワンピースはNGです。

小物も全て光沢のないものを選びます。

 

男性の場合は、靴、靴下、ネクタイなど。

ネクタイを着用する場合はネクタイピンはNGです。見落としてしまうのがベルトです。

ベルトも見えないからと言ってバックルなどに金具がついたもの、革ベルトなどは禁止です。

 

女性の場合は、靴、ストッキング、バックなどもシンプルで光沢のない黒を選びましょう。

靴はヒールが高いものは選ばない様にします。

歩いた時にヒールの音が出来るだけ出ないものを選びます。

 



スポンサーリンク

 

葬式の服装として正しい装いは?

葬式の服装の基本!親族として参列する時の装いは?

では、お葬式で正しい服装を見ていきます。

 

男性編1:スーツについて

男性の場合は、正式礼装になるのでモーニングコートにあたります。

モーニングコートは、ジャケットとベストは黒、ズボンは黒かグレーで、細いストライプ模様が入った正喪服のことです。

正式礼装のモーニングコートは通夜では着用せず、葬儀・告別式で着ます。

 

葬儀で正式礼装を着用するのは遺族やその親族の三親等までです。

モーニングコート以外になるとブラックスーツになります。

ブラックスーツは親族でも着用して大丈夫です。

 

一般的に着用されるのもブラックスーツが多いと思います。

ブラックスーツは、黒無地のシングルスーツかダブルスーツのことです。

ブラックスーツは光沢のないスーツになりますので、黒のスーツではありませんので注意しましょう。

 

男性編2:シャツについて

スーツを着る際の中のシャツはワイシャツの白無地を選びます。

柄のない無地の白が基本ですが、急きょ通夜に駆けつける場合は、無地でなくてもかまいません。

 

ただし、訃報からある程度時間がある場合は、やはり白無地のシャツに着替えて参列するように心がけます。

葬儀・告別式においては、白無地のシャツ以外はマナー違反です。

 

男性編3:靴・靴下について

靴や靴下も黒の無地を選びます。

男性の靴の場合は、黒色の内羽根でストレートチップが基本です。

靴紐エリアの革が外に出ていないのが内羽根、つま先の革の切り替えラインが一文字のデザインがストレートチップです。

 

外羽根の靴でも問題はないとされますが、内羽根がよりフォーマルという考え方です。

素材も光沢がない、布、ポリエステルなどの生地、本革、合成皮革がマナーです。

エナメルやアニマル柄、スエードなどはマナー違反なので避けます。

 

金具のある靴もマナー違反なので注意しましょう。

靴下も短くてくるぶしが見えるようなもの(肌が露出するもの)はよくありません。

柄が入っているものも避けましょう。

 

女性編1:スーツについて

女性の場合でも略礼装ではパンツスーツも着られます。

喪主や遺族、近親者でも高齢だったり、身体が不自由でワンピースやスカートが履きづらい場合は、パンツスーツを着る場合があります。

 

一般参列者なら女性もパンツスーツを着てよいのですが、あくまでもマナー違反にあたらないだけです。

お葬式で親族はパンツスーツは避けたほうがよい服装のようですので、マナーを確認しながら着用して下さい。

 

女性編2:シャツについて

女性の場合もパンツスーツを着用した場合は、シャツを着用します。

 

しかし、男性と違うのはシャツの色はを選ぶ事です。

白シャツが許されるのは通夜の席くらいですが、出来るだけ黒を選びましょう。

女性のシャツに関しては襟の形にはこだわりはないですが、襟に花柄があしらわれていたり、襟に光沢のある飾りがついているものはNGです。

 

基本的に黒無地を選びましょう。

 

女性編3:靴・ストッキングについて

女性の靴も光沢のない黒を選びます。

ヒールの高さは3㎝~5㎝くらいでコツコツというヒールの音があまりしないものを選びます。

静かな葬儀会場ではとても響きますので配慮が必要です。

 

また、会場や参列者数によっては、式が終わるまでずっと立ちっぱなしの場合もあります。

なるべく長時間履いても疲れない靴を用意しましょう。

 

ストッキングも黒色を選びます。

タイツは基本的にNGなので避けましょう。

ストッキングも60デニール以下にするとよいです。

 

素足が透けて見えるくらいが丁度いいので、あまり厚すぎるものを選ばないようにします。

 

まとめ

葬式の服装の基本!親族として参列する時の装いは?

今回は、葬式の服装の基本と親族として参列する時の服装を見ていきました。

葬式の基本の服装をマスターしておけば、急な葬式に参列する時に役に立ちますね。

 

急なお葬式などが入った時に、以外と喪服に必要な小物や服装を持っていない場合もありますので、事前に準備出来るものは準備しておくと良いでしょう。

親族としても服装のマナーがありますので、注意して葬式に臨んで頂きたいです。

 

特に、女性の場合はマナーが多いので是非参考にしてみて下さい。

 



スポンサーリンク