親族のマナー

葬式に遺族として参列する時のマナーは?

葬式に遺族として参列する時のマナーは?

お葬式というと故人を亡くされた痛みは大変なものであると思います。

お葬式に出席する場合、遺族側という立場は少ないと思いますが遺族側の立場もちゃんとした葬式マナーがあるのはご存じでしょうか。

出席する側でのマナーは知っているという方も多いと思います。

 

そこで今回は、葬式マナーの中で遺族として参列する時のマナーについてお伝えしていきます!

もし家族の誰かが亡くなった場合にお葬式や通夜を行なう際に気をつけたいポイントを上げていきます。

 



スポンサーリンク

 

遺族の葬式に参列する時の服装は?

葬式に遺族として参列する時のマナーは?

遺族として葬式に参加する時は、出席される方とは違う服装になるので見ていきます。

 

男性編

男性の場合は、服装が正喪服に当たるので、和装の場合は羽二重などの黒無地染め抜き五つ紋付きの着物と羽織に、仙台平の袴になります。

襦袢は羽二重の白か鼠色です。

足袋は白か黒、草履は黒の鼻緒です。

 

洋装の場合は、ダブルかシングルのブラックスーツ、ワイシャツは白で、黒く無地のネクタイをしめます。

モーニングジャケットの場合は黒いベストを着用します。

ズボンは黒とグレーストライプの縞ズボンを着用します。

 

靴下も黒でひざ下までの長いものを選びましょう。

靴は黒いシンプルなデザインの革靴を着用します。

時計・ベルトなどは、金具が目立たないものを付けるようにします。

 

女性編

女性の場合の正喪服に当たるのが、黒無地染め抜き五つ紋付き、黒無地の丸帯です。

着物生地は、羽二重か一越ちりめん、夏は絽になります。

 

羽織は着ません。

草履や帯揚げ、小物は黒で統一し、足袋と襦袢は白にします。

 

洋装の場合は、黒のフォーマルドレスを着用します。

デザインはシンプルなものが好ましいですが、形はスーツ、ワンピース、アンサンブルのいずれでもOKです。

足もとは黒色のストッキングで、バッグや靴は黒色で艶のないシンプルなデザインのものを選びます。

 

子供編

子供の場合は喪服を持っていない方が多いので、制服があれば制服を着用します。

もし制服がない場合は白黒モノトーンの服か制服風な服装を借用します。

靴下は黒または白を選びます。

 

遺族の葬式に参列する時の挨拶マナーは?

葬式に遺族として参列する時のマナーは?

遺族として参列する場合、弔問客からお悔やみを言われる事が多いと思います。

故人を亡くされた痛みは大きいですが、お礼は必ず伝えたほうがよいです。

葬儀では遺族は挨拶をする場面が多いです。

 

あいさつをする人は喪主が多いようですが、喪主が若年であったり、ショックが強すぎてあいさつできない状況のときは、他の近親者が喪主にかわってあいさつをする事もあります。

挨拶をする際のマナーは、伝えたい事を前もって整理して、長すぎない文章でゆっくり話します

 

内容は、参列者や生前お世話になった方へのお礼が基本ですが、その他に故人にまつわるエピソードをひとつ紹介するとよいでしょう。

何より大切なのは葬儀に参列していただいたこと、故人が生前お世話になったことへの感謝の気持ちを伝えることです。

 

あと、普段人前で話慣れている人であっても葬儀の場合は普段の精神状態と違いますから、なかなかうまくはいかないもの。

なので、会葬者の方々は喪主あるいは遺族や親族の代表者の方の気持ちを察し、見守ってくれていますので事前に準備しておくのもマナーです。

 



スポンサーリンク

 

遺族の葬式の香典はいくら?

葬式に遺族として参列する時のマナーは?

お香典を持参する時に、悩んでしまうのが中に入れる金額です。

悩む方は多いのではないでしょうか。

不幸事があった場合に冠婚葬祭でのお金のやりとりは、メモなどで記録しておくと後々便利です。

 

お香典の相場は、故人との関係や年齢なども大きく関係してきます。

 

ここでは遺族から香典を出す場合の金額の相場を見ていきます。

故人との関係が祖父母の場合1万~5万の間

年代によって

  • 20代では1万円
  • 30代では1万円から3万円
  • 40代では3万円から5万円

以上が相場です。

 

故人との関係が親の場合5万~10万の間

 

年代別の相場は

  • 20代は3万円から10万円
  • 30代では5万円から10万円
  • 40代では10万円以上

になっています。

 

結婚している場合は夫婦で最低10万円

香典は1家につき1つで出すものですので、夫婦別々には出しません。

 

故人との関係が兄弟姉妹の場合3万~10万の間

年代別の相場は、

  • 20代が3万円から5万円
  • 30代では5万円
  • 40代では5万円

となっています。

成人して離れて暮らしている場合や嫁いだ場合などは、香典を出しています。

 

これはあくまでも目安となりますのでこれより少ない場合や多い場合も出てくると思います。

香典の相場などを参考にし、常識的な範囲の金額を包むようにしましょう。

 

遺族として葬式に参加する時の注意点は?

葬式に遺族として参列する時のマナーは?

遺族として葬儀に参加する際は、まず弔問客への対応に注意します。

お悔やみを述べて下さる方へのお礼の言葉はしっかり伝える事です。

 

もし、故人と近しい方でしたら懐かしいお話やその方とのエピソードなどもお話してもよいと思います。

そして、喪主の方のサポートも行い、遺族側として失礼の無いような振る舞いを心がけます。

喪主は、遺族の中心的な存在であり、責任者です。

 

弔問に来てくださる方の前で、故人が立派な旅立ちができるように行ないます。

子供などはどうしてもしょうが無いと思いますが、大人としての振る舞いを心がけます。

 

そして、何より時間を守る事です。

遺族は誰よりも先に葬式の場所へ入り、準備を行ないます。

 

その日の流れをしっかり把握しておきます。

葬儀・告別式が滞りなく進むよう、席次、弔辞と弔電の情報についてしっかり確認し、届いた供花や弔電にも注意を払います。

 

遺族として出席する機会は少ないので、当日上手く立ち回れなかったりする事があると思いますので事前に準備出来る事はしておいた方がいいです。

 

まとめ

葬式に遺族として参列する時のマナーは?

今回は、葬式マナーの中で遺族として参列する時のマナーについてお伝えしました。

遺族側の立場でも葬式マナーと言われるマナーは守らなくてはいけません。

葬式マナー以外のも遺族ならではのマナーが存在するので、もし遺族側として葬式などに参列する場合には知っておきたいですね。

 

一番大きいところは、弔問客への対応やお礼の気持ちだと思います。

服装ももちろん他の方とは違う正喪服になりますし、喪主の方はより服装を心がけなければいけません。

 

最近はお葬式に出席する回数も減り、なかなか場慣れするほど経験できませんがそれぞれの状況を考えて対応しなければならないこともあるからこそ、是非遺族側としてのマナーは身に着けておきましょう。

 



スポンサーリンク