数珠

葬式マナーで今さら聞けない数珠の使い方と選び方は?

葬式マナーで今さら聞けない数珠の使い方と選び方は?

お葬式に出席する時に、出席した方が身につけている数珠。

この数珠は持っていくだけで何に使うのか、どのような意味があるのか知らない方もいるのではないでしょうか。

 

数珠も種類があるし、葬式も宗教ごとに違うのか、数珠などの身につけるものも葬式マナーとして違ってくるのか気になります。

また、数珠には男性用と女性用がある事も知らない人は多いと思います。

 

そこで今回は、葬式マナーで今さら聞けない数珠の使い方と選び方についてお伝えしていきます!

 



スポンサーリンク

 

葬式のマナーとしてどんな数珠を持っていくべき?

葬式マナーで今さら聞けない数珠の使い方と選び方は?

通夜や葬儀、告別式には数珠を持っている方は持参していきます。

数珠とは、複数の小さな球に糸を通して輪にした法具の事です。数珠には大きく分けて「本式数珠」と「略式数珠」という種類があります。

宗教、宗派ごとに使う数珠も変わってきます。

 

本式数珠の方が正式として用いられますが、通夜・葬儀では必ず本式数珠を用意しなければいけないという決まりはないので通常のお葬式では略式数珠を持参すれば十分使えます。

 

宗教ごとに使うべき数珠とは?

葬式マナーで今さら聞けない数珠の使い方と選び方は?

先ほども記載しましたが、数珠も宗教、宗派によって使うものが違ってきます。違いを見ていきましょう。

 

浄土宗の本式の数珠

浄土宗の数珠は、本式数珠でも珠の数は108玉ではありません。

浄土宗の本式数珠は、2つの輪を交差させ一つに繋いだような独自の形です。

 

「日課数珠」「百八数珠」「荘厳数珠」の3種類があり、一般の檀家・信徒は「日課数珠」を使います。

念仏の数を数えられるような形になっています。

 

浄土真宗の本式の数珠

数取りができないように、房が「蓮如結び」になっています。

数珠の選び方で浄土真宗には、形や数にこだわりはありません。

 

真言宗の本式の数珠

真言宗は、特にほかの宗派に比べ、特に数珠を重要視します。

主玉108個の他、親玉、四天玉からなる二重のタイプで、房は菊房で表と裏があります。

 

天台宗の本式の数珠

天台宗の数珠は主珠108個からなり、主玉はそろばん玉のような平珠になっています。

天台宗の数珠には大きく分けて「9寸サイズ」「8寸サイズ」「大平天台」の3種類があり、男性は「9寸サイズ」女性は「8寸サイズ」僧侶は「大平天台」を持ちます。

 

日蓮宗の本式の数珠

日蓮宗の数珠には大きく分けて「勤行数珠」と「装束数珠」の2種類があります。

一般の檀家・信徒は「勤行数珠」を使います。

僧侶は普段は「勤行数珠」、法要などの儀式の際には「装束数珠」を使います。

 

曹洞宗・臨済宗の本式の数珠

曹洞宗の数珠は、主珠が108個あり、数珠に金属の輪が通っています。

曹洞宗では、本式数珠を持つことが檀家・信徒の心得とされており、本式数珠を持つ方が多いです。

臨済宗の数珠は曹洞宗と作りや房は同じで主珠が108個ありますが、輪がないのが特徴です。

 

宗派に関わらず利用できる略式念珠

略式念珠は主珠の数を簡略化した数珠のことで、一般的には一重で作られています。

 

以前までは正式数珠の108を基準に、2分の1の54個、3分の1の36個、4分の1の27個などと割り決められていましたが、現在では使いやすさや見た目など実用性が重視されています。

 

葬式における数珠の使い方は?

葬式マナーで今さら聞けない数珠の使い方と選び方は?

葬式の時の数珠の使い方として左手に持つ事が前提です。

正しい持ち方として座っているときは左手首にかけ、歩くときはふさを下にして左手で持ちます。

長い数珠は二重にして持ちます。

 

焼香の時は、ふさを真下に垂らし、親指と他の4本の指にかけて親指で軽く押さえます。

指を伸ばし両手を合わせて合掌します。

左手に持ち胸の高さに持ち、右手で焼香します。

 

座って読経などを聞いている時は左手首にかけます。

長い数珠を一連のままで使う場合は、中指に掛け渡して手を合わせます。

左手で持つ理由としては、左手が仏の清浄な世界を、右手が我々の世界を指しているからです。

 

宗教や宗派によって変わってくるので一概にこのやり方であるとはいえません。

席を離れるときは椅子や畳の上に置くのは、マナー違反。

必ずバッグやポケットの中にしまうようにします。

 

ちなみに、焼香の時だけカバンから出す方もいますが、基本的に数珠は出しておきます。

また子どもが人差し指に通し、ぐるぐる回して遊ばないように気をつけてあげ、仏様を拝む大切な道具であることを忘れずにしましょう。

 



スポンサーリンク

 

葬式で数珠を使う時の注意点は?

葬式マナーで今さら聞けない数珠の使い方と選び方は?

お葬式で数珠を使う場合注意しなければいけない事柄がいくつかあります。

数珠とは「念珠」とも呼ばれ、持ち主のお守りのような役割を果たします。

基本的に人に貸したり借りたり、共有したりするものではありません。

 

もし数珠が無い場合は、数珠は必ずしも必要ではないので数珠なしで出席しましょう。

 

最近になって数珠も色々なタイプが出てきて、パワーストーンが流行したこともあり、パワーストーンを使った数珠が売られていますが葬式や通夜などにはこのタイプはふさわしくありません。

 

パワーストーンで作られているものは、日常生活で身につけれるように販売されているものが多いので、葬式などの席にはふさわしくないのです。

注意点として、もし信仰している宗派や宗教があるようならその宗派ごとの数珠を使用した方がマナーです。

今の時代略式を使う方が多いですが、信仰が深い方はその宗派の物を使う傾向を推奨していると思いますので、その宗派に見合ったものを身につけた方がマナーです。

 

その他、数珠には男性用と女性用があります。

主に珠の大きさや全体の大きさ、房の色に違いがあります。

男性用と女性用はお互いに混合して使用せず、数珠自体貸し借りはしないのでお互いに使い合いは避けるべきです。

 

葬式における数珠のマナーのまとめ

葬式マナーで今さら聞けない数珠の使い方と選び方は?

今回は、葬式マナーとして数珠の使い方、選び方などを見ていきました。

数珠にも使い方があり、種類があるのが分かりました。

お葬式などに持参する数珠にもちゃんとした意味がありお守りとして個人を守ってくれていたんですね。

 

そして、宗派ごとにこんなにも数珠自体が違うのも知る事が出来たと思います。

数珠にも本式数珠と略式数珠があり、お互いで使い方があるのでチェックしておくといいです。

 

今は略式を所持している方が多いので、個人で略式1つでも所持しておくといいのではないでしょうか。

使い方もちゃんとマナーがあるので、お葬式や通夜に出席し、数珠を持って行く場合にはマナーとして参考にしてみて下さい。

今更聞けないことだったりもするので、ぜひ今回の内容が皆さんに役立てば幸いです。

 



スポンサーリンク