休む時の報告

葬式で会社を休み時の報告の仕方は?何日休むことができるのか?

葬式で会社を休み時の報告の仕方は?何日休むことができるのか?

お葬式に参列する事になった場合、仕事をしている方が大変に思うのが休みを取らなくてはいけない事ですね。

どうしても訃報などは急にやってくるものなので会社の休みを取るのが難しい方も多いのではないでしょうか。

 

人手がいない場合などはもしかしたら休めない事も出てくると思います。

休みを言う側もしっかり会社などに報告して休みを取りたいですよね。

 

そこで今回は、葬式で会社を休み時の報告の仕方と何日休むことができるのかについてお伝えしていきます!

 



スポンサーリンク

 

一般的に忌引き(葬式)では何日会社を休める?

葬式で会社を休み時の報告の仕方は?何日休むことができるのか?

忌引きとは親戚が亡くなった時に喪に服すことを指します。

大体、自分の家族や祖父母といった近親者に向けて使うことが多いです。

忌引きをする時には親戚が亡くなったとき、喪主側として葬儀などの準備や後片付けをしたり、もしくはお通夜や葬儀に参列するための休暇です。

 

では、この忌引きの場合に休める日数はどのくらいなのでしょうか。

忌引き休暇を取る際にはまずここを押さえておかないと始まりません。

 

会社によって多少の違いはありますが、一般的には喪主かどうかや、父母、祖父母といった相手との血縁関係によって日数は異なります。

日数の数え方は、亡くなった日もしくはその翌日から起算します。

  • 配偶者:10日間
  • 父母:7日間(喪主なら10日間)
  • 子:5日間
  • 兄弟姉妹:3日間
  • 祖父母:3日間
  • 叔父・叔母:1日間

このような日数となっています。

祖父母までの近親者であれば数日は忌引き休暇が取れるようです。

 

葬式で会社を休む時の報告の仕方は?

葬式で会社を休み時の報告の仕方は?何日休むことができるのか?

では休みを貰う時の報告の仕方を見ていきます。

 

直接報告する時の伝え方

葬式があった時に直接報告する場合の伝え方は、忌引き休暇はなるべく早く口頭で伝えます。

やはり、休みを取るのは急な場合会社などは大変なので早めに伝えましょう。

学生であれば先生に伝えます。

 

ちなみに、学校への連絡は原則として保護者が行いましょう。

できれば口頭で知らせてから文書でも伝えたいところですが、普段欠席の連絡をする場合に電話で行っているなら電話で良いでしょう。

 

そして、直接伝える場合、伝えなくてはいけない事は

  • 亡くなった方との続柄
  • 通夜・告別式の日時
  • 休む期間
  • 忌引き休暇中の連絡先
  • 喪主か否か

については必ず伝えます。

 

取得できる日数にも関わってきますから、申請するときは「故人との関係性」を具体的に説明するようにします。

 

例えば、母親といっても自分の母親と義理の母親では、忌引き休暇の取得日数が変わりますので注意しましょう。

 

メールで報告する時の伝え方

会社によっては忌引きの連絡をメールで済ませてもよい場合もあるかもしれませんが、忌引きの連絡はできるだけ、直接自分の言葉で伝えるようにしましょう。

 

口頭で伝えた後も書面で残すようにメールで

  • 亡くなった方との続柄
  • 通夜・告別式の日時
  • 休む期間
  • 忌引き休暇中の連絡先
  • 喪主か否か

と残しましょう。

 

メールでの伝え方では、書き方の形式に決まりはなく、ワードで作成してもエクセルで表形式のフォームにしてもいいかと思います。

忌引き休暇の取得をするための書面を作成してメールを早めに送ります。

 

早めに送らないと忌引き休暇の取得日数に関わってきますので注意しましょう。

身内が亡くなったのが、退社後の場合は翌朝一番に電話で会社の上司と人事・総務部に忌引きで欠席する旨とお通夜葬儀の日程を伝えます。

 

電話で報告する時の伝え方

電話での報告の場合も早めに連絡を入れます。

会社に電話を入れる場合は出社していく時間帯に連絡を入れます。

早めに連絡を入れておかないと遅刻などと間違われる場合があるからです。

 

そして、連絡するときは上司もしくは、出勤の有無を管理している人に連絡します。

出勤の有無を管理している方に言った際は、上司もいれば上司にも一言連絡し、もし居ない場合はメールなどで報告しておくのもマナーです。

 

連絡した際は、電話口で

  • 亡くなった方との続柄
  • 通夜・告別式の日時
  • 休む期間
  • 忌引き休暇中の連絡先
  • 喪主か否か

を伝えます。

 

理由などを聞かれた際は、うやむやにせず正確に理由を説明するようにするのがマナーです。

もし、香典がある場合は会社から香典を出す可能性もあるので、葬儀の会場や連絡先も伝えられるようにしておくとよいのではないでしょうか。

 



スポンサーリンク

 

葬式で会社を休むことを伝える時に注意するべきポイントは?

葬式で会社を休み時の報告の仕方は?何日休むことができるのか?

葬式で会社を休む場合には、上司などに必ず報告しなければいけません。

急な事情になってくるので、出来るだけ謙虚な態度で伝えます。

 

自分が休んでしまった分の仕事を誰かが埋めなければいけない場合もあるからです。

会社へ休む事を伝える時は、とにかく迷惑を掛けてしまうことを申し訳ないという気持ちを心から伝えることが重要です。

 

葬式で会社を休んだ後は周りへの感謝を伝える

葬式で会社を休み時の報告の仕方は?何日休むことができるのか?

お葬式などで休みを貰った場合、長い方で10日間貰える場合もあるかと思います。

その間も会社はその穴を埋めるために働いてくれている方がいるかもしれません。

今の時代、昔より葬式などは必ず休むという風習は薄れてきているので、急に休まれた時に不快に思う方も多いです。

 

身内の不幸のような時でも仕事でかけた迷惑を埋めてくれること、悲しみに沈む気持ちを慮って配慮をしてくれていることに感謝の気持ちを持って、それを伝えるようにしましょう。

それも大人のマナーです。

 

まとめ

葬式で会社を休み時の報告の仕方は?何日休むことができるのか?

今回は、葬式で会社を休む時の報告の仕方と何日休む事が出来るのかをお伝えしました。

会社を休む場合は身内によって休む日数が変わってくるのが分かりました。

大体日数は決まっていますが、もしかしたら忙しい会社で働いている方は日数が変わってくるかも知れません。

 

昔より忙しくて休みを取る事が難しい会社も多いと思いますし、葬式で休む事をあまりよく思わない方もいるかもしれません。

そんな場合もあるので、葬式などでお休みを頂いた際には休みを終えた後にしっかり周りの方への感謝を伝えましょう。

 

後は、直接伝える場合もメールや電話で伝える場合も事の内容はしっかり伝えて上司に報告するのが大人のマナーです。

しっかりマナーを守っていきたいですね。

 



スポンサーリンク