家族葬

家族葬での香典返しのマナーを解説!金額や品物をご紹介!

家族葬での香典返しのマナーを解説!金額や品物をご紹介!

最近はお葬式も参列者にお招き頂いて大きい場所で行なうのではなく、故人や家族だけでしめやかに行なう家族葬などが増えてきています。

家族だけで行なう葬儀などもネットなど検索すれば家族葬として情報が分かるようになりました。

家族葬に参列して頂いた方から香典を頂く場合もあると思いますが、家族葬のその時の香典返しはどうしたらいいのか迷いますよね。

 

家族葬だと親族が多いから香典も金額が変わってきますし、香典返しは何を贈ればよいのでしょうか。

 

そこで今回は、家族葬を行なった際の香典返しのマナーを見ていきたいと思います。

 



スポンサーリンク

 

家族葬の香典返しのマナーは?

家族葬での香典返しのマナーを解説!金額や品物をご紹介!

近年高齢化が進んできて、葬式を家族だけでしめやかに行ないたいという方が多くなりました。そんな中に出来たのが家族葬です。

この家族葬は名前の通り、家族や親族、身内などごく限られた人だけで行なう葬儀です。

 

この葬儀を行なう場合は、身内しか参列しないので人数が少なく香典を受け取ると葬儀中に受付などで対応しなければならず、ゆっくり故人を偲ぶことができませんし、葬儀後には香典返しを用意しなければならないと忙しいので香典を辞退する方が多いです。

 

香典を辞退する場合は、故人が逝去したことを伝える訃報で、「香典を辞退する」ことをあらかじめ伝えておきます。

香典の受け取りを辞退する理由を「故人の遺志」とすることで、家族の一方的な考えではないことを伝えることができます。

訃報を送った後、改めて電話することで、より丁寧に伝えることができます。

 

もし、香典を受け取った場合は必ず香典返しをしましょう。

香典返しとは四十九日の法要後にそのお礼としてお返しするものですが、最近では葬儀の日に香典返しの品をお持ち帰りいただくということも増えてきました。

その日にお返しをしない場合は、49日までに香典返しをしましょう。

 

家族葬での香典返しの金額相場は?

家族葬での香典返しのマナーを解説!金額や品物をご紹介!

家族葬での香典返しの金額は、基本的にはいただいた香典の三分の一から二分の一程度(半返し)となっています。

 

しかしながら、家族葬の場合は参列者が故人と特に関係が深いということもあり、香典の額が一般的な葬儀よりも高額になってきます。

 

香典の額は故人との関係によって異なってきます。

  • 故人がその人の祖父母の場合2万~5万
  • 両親の場合4万~10万円
  • 兄弟や姉妹の場合3万~5万
  • おじおば、いとこ、おい、めい、子供の嫁ぎ先には1~3万円
  • 職場関係は5000~1万円
  • 友人の家族が5000円
  • 近所の方が3000~1万円程度

を考えておきましょう。

 

つまり、香典返しの品物を考える際には、参列する親族との関係を考慮に入れ、これらの額から三分の一、二分の一程度の概算を立てて予算を決めるといいでしょう。

これはあくまでも一般的なお葬式の相場であり、最初から香典不要となっている場合には持参する必要はありません。

 

家族葬自体が規模の小さいお葬式であると勘違いして、平均相場よりも少ない香典を持参する人もいますが、これは考え方が違いますので一般的な金額相場を目安にしましょう。

 

即日で香典返しをする時の金額は?

家族葬での香典返しのマナーを解説!金額や品物をご紹介!

最近の葬式では香典返しを即日返しする場合が多くなっています。

即日返しの場合は参列されたすべての方に同じお品を差し上げるのが一般的であるため、香典の額によって差し上げる品を考えなければならないという手間暇を省くことができます。

 

その際の相場としては1万円前後を中心に、参列する親族の関係や年齢を考えて金額を上乗せするとよいでしょう。

家族葬の場合は高額の香典を頂く場合もあります。

その際は即日返しをした後に、忌明けに通常通り香典返しをするのがマナーとなりますので臨機応変に対応しましょう。

 

家族葬の香典返しで贈る品物は?

家族葬での香典返しのマナーを解説!金額や品物をご紹介!

家族葬の香典返しで贈る品物にはどういったものがいいのでしょうか。

家族葬の香典返しでも、一般的な香典返しと同様の品物を選ぶ方が多い様です。

一般的な香典返しには、後に残らないものを選ぶ場合が多いです。

 

例えば、お茶やコーヒー、紅茶、海苔、砂糖といった「食べたらなくなる」食べ物や飲み物がよく使われています。

この品物の場合は、相手がいつ召し上がるのか分からないので、なるべく日持ちするものを選びましょう。

 

その他に、石けんや洗剤、タオル、シーツ、毛布などの日用品も定番とされています。

他にもよく使われるものとして陶磁器や漆器があります。

陶磁器は「故人が亡くなって土に帰る」という意味から、漆器は「不幸を塗りつぶす」という意味から香典返しに用いられています。

 

また、最近はカタログを贈られる方が多いです。

香典返しには避けた方がいいものがあります。

後に残らないものでも肉や魚の類などの生ものは昔から避けられています。

 

お酒などの嗜好品や、慶事に使われるかつお節や昆布も香典返しにはふさわしくないとされています。

 

また、商品券などの金券は金額が分かってしまうのであまり好まれていません。

タブーではありませんが、なるべく避けたほうがよいでしょう。

 



スポンサーリンク

 

家族葬の香典返しにおける挨拶状は?

家族葬での香典返しのマナーを解説!金額や品物をご紹介!

家族葬でも香典返しの挨拶状は送りましょう。

挨拶状には喪家からの挨拶と故人に代わっての挨拶、皆様への感謝の言葉を伝えた内容にしましょう。

故人の気持ちを考えたとても大切なものになりますので、香典返しに添えて準備します。

 

謹 啓

時下ますますご清栄のことと存じます。

父 ○○ 永眠の際は お心のこもったお悔やみの言葉をはじめ、過分なお心配りをいただき厚く御礼申し上げます。

お陰をもちまして本日○○○○○○○七七日忌の法要を相営みました。

ささやかではございますが 感謝の気持ちをこめて心ばかりの品をお届けさせていただきました何卒お納めください。

まずは略儀ながら書中を以て御礼のご挨拶とさせていただきます。

 

などといった文章を添えましょう。

 

まとめ

家族葬での香典返しのマナーを解説!金額や品物をご紹介!

今回は、家族葬を行なった際の香典返しのマナーを見ていきました。

最近は家族葬などが増えてきて親近者だけで行なう葬式が増えてきました。

 

親近者だけで行なう葬式でも、一般的な葬式のマナーと同じです。

香典を頂いたら、香典返しを行なうのがマナーです。

 

しかし、家族葬の場合は故人とゆっくり過ごす時間を大切にする事が多いので香典を辞退する事が多いです。

もし、家族葬に参列する場合には、香典を辞退する事もあることを頭に入れておくと対応が出来るのではないでしょうか。

どのような形にせよ、香典返しは参列者や香典をお供えいただいた方への感謝の気持ちを込めて贈ることが大切ですね。

 



スポンサーリンク