家族葬

家族葬の香典で親族はいくら払うべきなのか?

家族葬の香典で親族はいくら払うべきなのか?

最近は、身内だけで行なう家族葬などの小規模な葬儀が多くなってきました。

高齢化に伴い、葬儀への職場関係者・会社関係者による参列が減り、家族や近親者のみの葬儀が増えてきたことで家族葬などの小規模な葬儀が増えてきたようです。

 

葬式に出席する時に必ず持参する香典。

家族葬などの場合、香典などはどうしたらいいのか悩む方も多いのではないでしょうか?

 

一般的な葬儀で親族の香典は金額が高いイメージがありますが、どれくらい払えばいいのか気になります。

 

そこで今回は、家族葬の香典で親族はいくら払うべきなのか見ていきたいと思います。

 



スポンサーリンク

 

そもそも家族葬は親族も香典を出すべきなのか?

家族葬の香典で親族はいくら払うべきなのか?

家族葬というのは、親族や身内、知人など少人数で行なう葬儀を指します。

身内ばかりなのでもしかして香典はいらないのかと思ってしまいますが、家族葬の場合でも香典は必ず持参します。

家族葬を行なう場合には人数も少なく、故人との時間を大切にする方が多いので、受付などの時間を省きたいためや来て頂く方の事を考えて香典を辞退するという場合もあります。

 

しかし、香典を辞退すると遺族側から言われていない限り、香典は持参していきましょう。

親族間で冠婚葬祭のルールがある場合は、「故人の兄弟のみ香典を受け取る」など柔軟に対応したほうが、その後の付き合いが円満に行く場合があります。

 

また、家族葬というと、「一般葬より、費用が掛からない」と思われますが、必ずしもそうとは限りません。

 

家柄や故人の遺志、また家族の意志により祭壇や食事、棺や骨壺などを格式のあるものを選んでいくと一般葬と同じくらいの費用がかかってしまうことは珍しいことではありません。

家族葬では、一般の参列者の香典が見込めないのに加え、香典を辞退した場合は、葬儀費用すべてを遺族が負担しなければなりませんので臨機応変に対応しましょう。

 

家族葬で香典辞退をされた時の対処法は?

家族葬の香典で親族はいくら払うべきなのか?

身内しか参列しない家族葬では、香典を辞退する案内をする家族が増えています。

香典を受け取ると葬儀中に受付などで対応しなければならず、ゆっくり故人を偲ぶことができませんし、葬儀後には香典返しを用意しなければなりません。

 

香典を辞退する場合は、故人が逝去したことを伝える訃報で、「香典を辞退する」ことをあらかじめ伝えておきます。

香典の受け取りを辞退する理由を「故人の遺志」とすることで、家族の一方的な考えではないことを伝えることができます。

 

訃報を送った後、改めて電話することで、より丁寧に伝えることができます。

訃報で送る場合には、葬儀の内容に付け加えるように「誠に勝手ながら御香典・御供花の儀は固くご辞退申し上げます」などと加えましょう。

 

そうすることで香典を辞退した事を伝える事が出来ます。

電話で伝える場合には、直接言葉で伝える事が出来るので一番伝わる伝え方です。

 

その際も「申し訳ありませんが、故人の遺志により、御香典は辞退させていただきます」などと伝えましょう。

葬儀の当日受付などに「香典辞退」と書いた看板を受付の前に設置しておくと、参列者にも考えが伝わりやすいでしょう。

 

家族葬で親族が支払う香典の金額は?

家族葬の香典で親族はいくら払うべきなのか?

家族葬で香典を持参する場合にはどれくらいの金額を包んだらいいのでしょうか?

家族葬であっても、香典の金額が大幅に変わるというわけではありません。

 

一般的な葬儀の香典の額は、

  • 故人が自分の親ならば5~10万円
  • 配偶者の両親は3~5万円
  • 兄弟姉妹やその配偶者であれば3~5万円、
  • 祖父母であれば1~3万円程度
  • おじおばやいとこ、おい、めい、子供の嫁ぎ先には1~3万円
  • 職場関係は5000~1万円
  • 友人の家族が5000円
  • 近所の方が3000~1万円程度

このようになっています。

 

家族葬だから特に金額が大きくなったり、小さくなったりはしませんので目安として香典を包みましょう。

中には、家族葬自体が規模の小さいお葬式であると勘違いして、平均相場よりも少ない香典を持参する人もいますが、これは考え方が違います。

 

家族葬であっても葬式自体にかかる費用は30万~50万くらいするのでこのような考え方はマナーとしてはよくないですので注意しましょう。

 



スポンサーリンク

 

家族葬で香典を渡す時の注意点は?

家族葬の香典で親族はいくら払うべきなのか?

家族葬の場合に香典を渡す時の注意点は、家族葬は少人数で行なう場合が多いので時間をかけたくないと受付を設けていない場合もあり、遺族は挨拶などの時間に追われて忙しくしていることもあるので香典を渡すタイミングに注意しましょう。

 

葬儀前に渡せたらいいのですが、葬儀中や葬儀後などは忙しい場合もありますので、少し落ち着いてきた時に渡すのがベストです。

 

香典袋にも注意しましょう。

葬式も宗教によって変わってくるように香典袋も宗教によって変わるので注意が必要です。

 

例えば、仏式なら「蓮の花」の絵柄を、キリスト教式なら「十字架」や「ユリの花」が適切です。

先方の葬儀スタイルがわからない場合は、あらかじめ確認しておくと安心です。

 

表書きは仏式の場合、「御霊前」「御香料」「御香典」とします。

一般的に「御仏前」という表書きは、四十九日の法要後に用いられるので気を付けましょう。

 

ただし、浄土真宗の場合はお通夜やお葬式のお香典であっても「御仏前」と書きます。

 

また、キリスト教の場合、表書きは「御花料」や「御霊前」、神式の葬儀の場合は「御霊前」「御玉串料」とします。

香典を持参する場合には事前にどの宗教なのか確認をしておきましょう。

 

まとめ

家族葬の香典で親族はいくら払うべきなのか?

今回は、家族葬の香典で親族はいくら払うべきなのかを見ていきました。

家族葬が増えていく中で、お葬式のマナーも少しずつ変わってきたように感じます。

昔からあるマナーを守りつつ、時代にあったマナーも知っていくのが今のマナーなのではないでしょうか。

 

色々なマナーは沢山ありますが、お葬式で一番に行なうのは故人を送り出すことです。

どのような葬式でも、故人が安心して送り出せるようなステキな葬式にしたいものですね。

 

相手側に失礼のないように最低限のマナーを守って葬式などに参列しましょう。

悩んでいる方の参考になれば幸いです。

 



スポンサーリンク