家族葬

家族葬を参列辞退する時の伝え方は?

家族葬を参列辞退する時の伝え方は?

家族葬という言葉を聞いた事がある方は多いと思います。

最近は、少人数でしめやかに行ないたいと家族や身内だけで行なう葬儀が増えてきました。

 

家族葬だと親族や知っている方ばかりなので、気兼ねに行きやすいですが、急な葬儀で行けない場合もあると思います。

参列出来ない時に、参列を辞退できるのか、香典などはどうしたらいいのか迷ってしまいます。

 

そこで今回は、家族葬を参列辞退する時の伝え方、香典などを見ていきたいと思います。

困った時の参考にしてみて下さい。

 



スポンサーリンク

 

家族葬を参列辞退することは可能なのか?

家族葬を参列辞退する時の伝え方は?

家族葬は、少人数で行なわれているので参列する人数も限られ、故人との時間をとりやすいという事で最近選ばれる方が多いです。

家族葬でも一般的な葬儀でも、何かしら事情があったり、休みを取れなかったりなどで参列が出来ない場合もあるかと思います。

その場合、家族葬だからといって参列辞退が出来ない訳ではありません。

 

家族葬は、故人の兄弟や子供といった比較的血縁の近い範囲だけで行うこともあれば、おじ・おば・いとこなども含めて行われることもあります。

これは故人の遺志、あるいは喪主の判断で決められることなので、参列願いがあった場合には連絡がきます。

 

しかし、何かしらの事情でどうしても参列出来ない場合もありますので、その時は参列辞退することを選びましょう。

遺族からの案内が無いにもかかわらず参列することはマナーとしては反するので、家族葬の連絡が来た場合には参列辞退の連絡を行ないましょう。

 

家族葬を参列辞退する時の伝え方は?

家族葬を参列辞退する時の伝え方は?

どうしても家族葬に参列出来ない事態があると思います。

その場合にはどのように辞退を伝えたら良いのでしょうか。

家族葬の訃報の連絡を受けた後、一番は電話などで直接伝える事がいいと思います。

 

お悔やみの言葉と一緒に参列辞退の旨を伝えましょう。

真摯に辞退の旨を伝えれば遺族側も分かって下さるので、その時に香典辞退などの話しにもなると思います。

 

もし、こちら側からどうしても贈りたい場合などはあらかじめその時にご意向を聞いておきましょう。

香典は辞退しても、供花や弔電は贈る事が出来るかも知れません。

遺族側にご意向を聞かないで贈ってしまっては、反対にマナー違反になりますので注意が必要です。

 

家族葬に参列してもらうこと自体を断ることに関しては、特に失礼にはあたりませんので必ず伝えましょう。

もし電話などで伝えるのが困難な場合は、メールや電報、FAXなどで伝えましょう。

メールなどで伝えたあとは、後で必ず電話などで伝えた方が確実だと思います。

 

大人のマナーとしては電話で確認すると良いでしょう。

 

家族葬を参列辞退した時の対応は?

家族葬を参列辞退する時の伝え方は?

家族葬に出席する旨を頂いた時に参列を辞退したい場合は、参列辞退の旨を早めに伝える事がマナーです。

電話が一番適切だと思います。

そこでお悔やみの言葉と一緒に参列辞退の旨を伝えましょう。

 

相手の意向を尊重して失礼のない方法で弔意を伝えるようにします。

親しい方であれば短い電話でお悔やみを伝えることができます。

家族葬の場合参列や弔問を辞退されてるだけですので電話で弔意をお伝えするのは失礼には当たりません。

 

しかし、非常に忙しくされていますので長々と話すのではなく短く簡潔に伝えましょう。

最近は電話の他にメールでお悔やみを伝える方も増えてきています。

 

その他では、弔電をおくるという方法もあります。

家族葬の場合弔問や香典を辞退されている場合が多いのですが弔電はおくっても差し支えがないことが多いようです。

葬儀に間に合うように供花や香典を贈ります。

 

香典や弔問などを辞退されている場合が多いのでそのような場合は遺族や故人の意向に従うのが良いのですが、家族葬等の案内に辞退する旨が記載されていないこともあります。

そのような場合いは非常に悩むところではありますが、故人との関係やご遺族との交流も踏まえて香典を用意してもいいでしょう。

 



スポンサーリンク

 

家族葬の参列辞退をしたら香典も辞退するのか?

家族葬を参列辞退する時の伝え方は?

家族葬の参列を辞退すると、最後のお別れや感謝の気持ちを直接お伝えする機会は無くなりますが、参列できなくても遺族へ弔意を失礼の無いようにお伝えする方法は色々あります。

中でも弔電を贈ったり、香典、供花、供物なども贈る事が出来ますよね。

 

しかし、家族葬の参列を辞退したら香典などは辞退するのか悩む所です。

通常は家族葬の場合は少人数で行なうため時間をかけないように受付を用意しなかったり、故人に会いに来てくれるだけでいいと香典を辞退する事が多いです。

こちら側から参列辞退を伝えた場合でも、家族葬の案内などに香典を辞退する旨が記載されていないこともあります。

 

その場合は、香典を贈った方が良いでしょう。

参列辞退を伝えた時に、相手側から香典辞退を言われた場合には、ご遺族の意向を尊重します。

 

もし、香典辞退をした場合にもどうしてもこちら側が送りたい場合には、遺族側にご意向を確認してから供花や供物を贈りましょう。

参列辞退を伝えた場合、大体は香典も辞退する事を伝える方が多いですが、香典を贈る事を考えて準備はしておきましょう。

 

まとめ

家族葬を参列辞退する時の伝え方は?

今回は、家族葬を参列辞退する時の伝え方を見ていきました。

 

家族葬などの親族や身内などの葬儀を辞退することへの抵抗感はありますが、どうしても出席出来ない場合もありますのでその際は丁寧に辞退を伝えて、香典や弔電などを贈るようにすると相手側に失礼のないマナーになるのではないでしょうか。

 

もし時間があれば49日前にでもご自宅に伺うことも出来ると思いますので、あまり悩まなくてもいいと思います。

辞退を伝える事も相手側を思ったマナーだと思いますので、このような事態になった際の参考にしてみて下さい。

 



スポンサーリンク