香典

葬式の香典の金額相場は?正しい書き方にも気をつけよう!

葬式の香典の金額相場は?正しい書き方にも気をつけよう!

お葬式に出席する際に香典を持って行く方が多いと思います。

香典って持って行くのはいいが、中身の金額をどうしたらいいのか迷いますよね。

香典の金額の相場も知りたいし、香典の書き方も分からない。

 

葬式に出席して遺族側に失礼のないようにしたいです。

そこで今回は、葬式の香典の金額相場と香典の書き方などを見ていきたいと思います。

 



スポンサーリンク

 

葬式の香典金額の相場っていくら?

葬式の香典の金額相場は?正しい書き方にも気をつけよう!

香典として包む金額は、故人・遺族との関係の深さ、年齢や社会的な立場によって違いますし、地域によっても差があります。

多すぎて遺族が困らない程度の金額にする配慮は必要です。

 

故人との関係が親族の場合、

  • 両親は30000円~100000円の間
  • 兄弟姉妹は30000円~50000円の間
  • 祖父母は10000円~50000円の間
  • おじ・おばは10000円~30000円の間

になります。

 

故人との関係が職場関係の場合、

  • 上司は5000円~10000円以上
  • 上司の家族は5000円~10000円以上
  • 社員・同僚は5000円~10000円以上
  • 社員・同僚の家族は3000円~10000円の間

になります。

 

故人との関係が知人などの場合、

  • 知人・友人は5000円~10000円の間
  • 恩師・先生は3000円~10000円の間

になります。

 

この金額はあくまで相場となっておりますので、故人との関係を踏まえた金額にしてもよいと思います。

 

また、複数人が合同で出す場合は事前によく相談しておくとよいでしょう。

 

葬式の香典で避けるべき金額は?

葬式の香典の金額相場は?正しい書き方にも気をつけよう!

葬式の香典では避けるべき金額が存在します。

一般的に包む金額は偶数の金額は良くないと言われています。

すなわち、「二」とか「四」はダメだと言うことです。

 

なぜかと言うと、割り切れる数字だからです。

日本人は縁起に気を遣うので、偶数の数字だと割り切れるので「切れる」=故人とこの世のつながりが切れてしまうということで、忌み嫌われています。

 

同じく、「苦しむ」という意味に通じるということで「九」や「四」も避けるべしというのが一般的常識です。

 

最近では、こうした古くからのしきたりに過度にこだわる必要はないという柔軟な考え方も出てきていますが、それでもやっぱり受け取る人によっては不快な気分になるかもしれませんし、避けておきましょう。

 

香典袋の正しい書き方は?

葬式の香典の金額相場は?正しい書き方にも気をつけよう!

香典袋の書き方は、表書きは御霊前が一般的になっています。

 

しかし、使用する香典袋は宗教・宗派によって異なりますので注意が必要です。

御霊前は多くの宗教に使えるので、宗教がわからない場合は一般的に「御霊前」を使用するケースが多いようです。

 

表書きは、市販の不祝儀袋に薄墨で表書きを書きます。

水引きは白黒、双銀などの結び切りのものを用います。

下段には、会葬者のフルネームを書きます。

 

これが一般的な書き方です。

書く際に薄墨がない場合は別な物で代用してかまいませんが、薄墨専用の筆ペンも市販されていますので一本常備しておくと良いでしょう。

 

中袋・中包みには、お金を入れて、中包みの裏面(裏側)に金額と住所氏名を書きます。

正式には筆で書くのですが、ペンでも良いでしょう。

漢数字で書くとなおいいです。

 

漢数字は「壱、弐、参、伍、七、八、拾」など。

書き方は、金三万円や金参萬円などと書きます。

金額の後に「也(なり)」はつけてもつけなくても構いません。

 

現在では普通の漢数字で書く方も多くなって来たようです。

 



スポンサーリンク

 

葬式の香典袋の書き方における注意点は?

葬式の香典の金額相場は?正しい書き方にも気をつけよう!

香典袋を書く際に気をつけるポイントがあります。

香典袋の書き方は宗教によって変わってくることです。

香典袋自体も宗教によってありますし、書き方も違います。

 

上記で一般的に「御霊前」と書くと言いましたが、これは仏教で使用する書き方です。

この他にも「御香典」「御香料」「御仏前」が仏教では使えますが、「御霊前」を使っておけば大丈夫です。

 

仏式で浄土真宗の場合、通夜・葬儀・告別式のときには「御霊前」ではなく「御香典」「御香料」「御仏前」を使用します。

神式の場合は、「御玉串料」「御榊料」「御神饌料」「御神前料」「御霊前」を使います。

キリスト教の場合は、「お花料」を使います。

 

葬儀に参列するまで宗派がわからないことも多々ありますが、間違えてしまってもマナー違反にはならないので、よほど違ったものでなければ心配しなくても大丈夫です。

 

香典袋へのお札の入れ方は?

葬式の香典の金額相場は?正しい書き方にも気をつけよう!

香典袋にお札を入れる際は、お札の向きに注意して入れましょう。

お札を入れる場合、顔のある方が見えないよう、裏が見えるようにするという説があります。

 

ですが、地域によっては異なりますので自分の地域のをチェックしてみましょう。

特に注意するのが、お札の枚数が2枚以上になるときには、すべてのお札の印刷の絵柄を同じ面が上に来るような向きになるようにすることです。

 

他には、出来るだけ新札は使わないようにします

昔から新札を使用するとまるでご不幸を見越して用意していたようだと思われる風習があり、不祝儀には向かないという考え方をする地域が大半です。

 

もし真新しいお札を入れる場合には一度折って折り目をつけて香典袋に入れます。

逆に汚れたお札やしわしわのお札を用いるのはマナー違反なので気をつけましょう。

 

中袋に現金を入れたら、外包みで包みます。

中包みの背面が表に出ている状態にしてかぶせて折ります。

 

最後に水引きの中に元通りになるように入れて完成です。

これが一般的なお札の入れ方になりますが、地域によってもしかしたら少し変わってくるかもしれませんので、地域の方などに聞いておいた方がいいと思います。

 

まとめ

今回は、葬式の香典の金額相場と香典の書き方を見ていきました。

葬式に持って行く香典は何かと分からない事が多くて、いざ持って行く時に悩みます。

 

親族などは香典の金額が大きく変わるのでチェックしておいた方がいいですが、参列者として香典を持参していく場合には相場の金額がありますので、それだけでも知っておくといいのではないでしょうか。

 

香典袋にもちゃんとしたマナーがありますので、もし宗教の信仰が深いお家の場合には香典袋にも気を配って持っていくのもいいと思います。

大人としてマナーをきちんと心得て葬儀に参列できるようにしたいですね。

香典金額や香典袋の事でお悩みの際の参考になれば幸いです。

 



スポンサーリンク