香典

葬式に行く時に知っておくべき正しい香典のマナーは?

葬式に行く時に知っておくべき正しい香典のマナーは?

社会人になってくると行く機会が増えるお葬式。

お葬式に行くときの葬式マナーって沢山ありますよね。

お葬式に行くときに持って行くものの中に「香典」があると思います。

 

この香典も持っていく時に、香典をどうやってかいたらいいとか中に包むお金の金額で迷ってしまう場面があると思います。

このマナーを知らないで相手側に失礼な事になってはいけませんね。

 

そこで今回は、葬式に行く時に知っておくべき正しい香典のマナーについてお伝えしていきます!
 



スポンサーリンク


 

葬式における正しい香典の書き方と例文を紹介!

葬式に行く時に知っておくべき正しい香典のマナーは?

香典は訃報の知らせを受けたら通夜または葬式・葬儀のいずれかに持参します。

香典の書き方も宗教によって変わります。

 

どうしても葬儀や通夜に出席できずに郵送で贈る場合は、弔電を打ち、現金書留で香典を送ります。

必ずお悔やみの言葉を書いた手紙を添えましょう。

 

1:宗教が分からない時の香典の書き方

本来であればその訃報を受けた宗教の所に従って書くのですが、宗教が分からない時でも使える表書きは「御霊前」です。

御霊前は通夜でも葬式でも使えます。

不祝儀袋に薄墨で「御霊前」と表書きを書きます。

 

下段には、名前をフルネームで書きます。

 

2:宗教ごとに異なる香典の書き方

仏教の場合に使う香典の表書きは「御霊前」「御香典」「御香料」、まれに「ご香料」などです。

不祝儀袋に薄墨で表書きを書きます。

下段には名前をフルネームで書きます。

 

キリスト教の場合に使う香典の表書きは「御霊前」「御花料」などです。

下段には名前をフルネームで書きます。

 

神式の場合に使う香典の表書きは「御神前」「御玉串料」「御榊料」などです。

その他に「御霊前」は宗教を問わず使えるとされています。

下段には名前をフルネームで書きます。

 

香典袋の下段の名前

下段には会葬者のフルネームを書きます。

真ん中にバランスよく書きます。

  • 夫の出張などで、妻が代理で会葬する場合には夫にあたる方の名前を書いてその下に「内」を小さく書き添えます。会葬者名簿にも同じように書きます。
  • ご夫婦揃って会葬する場合、夫の氏名だけでも良いのですが、故人とご縁が深かった場合には連名で出します。
  • 会社の社長名で香典を出す場合には、会社名を記入し、名前を添えます。上司の代理で会葬する場合には、「代」を小さく書き添えます。会葬者名簿にも同じように書きます。
  • 会社の上司の代理で会葬する場合、もし上司の名刺を預かっていれば、その上司の名刺の右上に「弔」と記し、左端か下隅に「上司の代わりにご会葬をさせて頂きます。○○○○」と小さく書き添えて受付に渡しましょう。

 

香典のマナーとして注意するべきポイントは?

葬式に行く時に知っておくべき正しい香典のマナーは?

訃報を受け通夜や葬式に参列する際に、お悔やみと共に必ず香典を持参していきます。

場所や宗教などを事前に確認しておきましょう。

香典のマナーとして注意するべきポイントがいくつかあります。

 

まず、香典に入れるお金には新札は使いません

古くからピン札を使うとあらかじめ亡くなる事を予想し準備していたという印象を与えてしまうというマナーがあるので注意が必要です。

もしピン札しか持ち合わせていない場合は軽く折り目をつけたりし、香典袋に入れます。

 

香典の中にお金を入れる際に気をつけるのがお札の向きです。

地方によってお札の向きは変わってくるので事前にチェックしておいたほうがいいです。

 

お札が2枚以上になる場合は必ず2枚以上のお札を同じ向きにして入れます。

香典袋にお金を入れたら中包みを紙の中央に置き、左、右の順にかぶせたあと、最後に上側を下側にかぶせます。

順番を間違えると相手側に失礼に値するので注意が必要です。

 

ちなみに、「御霊前」が使えるのは仏教では四十九日までしか使えません。

四十九日以降からは「御仏前」になります。

 



スポンサーリンク

 

お香典袋の選ぶ方は?

葬式に行く時に知っておくべき正しい香典のマナーは?

香典袋の種類も沢山あるのでどれを選んだら良いのか分からなくなりますよね。

まず一番に選ぶのは「御霊前」と書いてある香典です。

御霊前でも種類があるので上げていきます。

 

まず葬式などもそうですが、宗教によって変わってきます。

香典も宗教ごとに袋の種類があります。

宗教が分からない場合の香典袋は、水引きは白黒、双銀などの結び切りのものを用います。

 

熨斗袋に蓮の花の絵があるものは仏教用ですので、「宗教がわからない」という時には使わないようにします。

仏教の場合は、水引きは白黒、双銀などの結び切りのものを用います。

蓮の花の絵が印刷された熨斗袋を使います。

 

絶対ではないので蓮の花のない熨斗袋も使うことが可能です。

キリスト教は、ユリの花、十字架などの絵が印刷された熨斗袋はキリスト教式用です。

神式は、無地の熨斗袋に白黒または双白もしくは双銀の水引きのものなどを用います。

 

お香典の金額は?

葬式に行く時に知っておくべき正しい香典のマナーは?

香典を包む際に気になるのが金額です。

親しい間柄や遠い親戚など包む金額が変わってきますよね。

 

金額の例をあげて見ていきます。

  • 故人の友人なら相場は、5000円~10000円
  • 隣近所の方なら3000円~10000円
  • おじ、おばに当たるなら10000円~30000円
  • 勤務先の上司なら5000円~10000円

 

その家族が亡くなった場合に参列する時は、上司ならば5000円~10000円くらい、社員や同僚なら3000円~10000円くらいが相場のようです。

これはあくまで目安なので、個人によって親しい関係が変わってくると思いますのでさらに金額を上げて包んでもいいと思います。

 

香典を渡すタイミングは?

葬式に行く時に知っておくべき正しい香典のマナーは?

香典を持って行くのはいいが渡すタイミングが分からない場合もありますね。

通夜と告別式をどちらも出る場合はいつ渡したらいいのか迷ってしまいます。

大体の方は香典を通夜に出席した際に渡しているようです。

 

葬儀や告別式だけに出席した時は、出席した時に渡します。

香典は何度も渡すことは「不幸が重なる」ことを連想させるので、自分が弔問するタイミングで1回だけお渡しするようにします。

 

ただし、通夜前に取り急ぎ弔問する時、香典は渡す必要はありません。

また、通夜・葬儀・告別式に参加できそうになく、代理も立てられない時は香典を郵送で送りましょう。

出席した際は受付があれば記帳を済ませ、ふくさから香典袋を取り出し、お悔やみの言葉を添えて両手で差し出します。

 

当然ですが、名前は係の人から読めるような向きで差し出します。

渡す際には「どうぞ御霊前にお供えください」と一言添えて渡すようにします。

受付がない場合は、拝礼の時に御霊前に供えるか、遺族に手渡します御霊前に供える時は、表書きを自分が読める方向にして供えます。

 

通夜や葬儀に参列出来ない場合は香典を現金書留で郵送します。

その時は添え状に参列できない理由とお悔やみの言葉を添えましょう。

 

まとめ

葬式に行く時に知っておくべき正しい香典のマナーは?

今回は、葬式マナーとして香典について見ていきました。

 

香典も何となくの知識で出席した時に渡していた方も多いと思いますが、香典だけでもちゃんとした礼儀、マナーがあるので少しだけでも知っていたら相手側に不快な思いをさせなくてよいのではないでしょうか。

 

香典袋も種類がありますし、宗教によってだいぶ変わってくるものなので自分がどこの宗教の通夜や葬式にいくのかチェックして行く事が大事です。

特に、宗教が違うとマナーがだいぶ違ってくるので、相手が不快に思ってしまう場合が多いです。

 

そんな時、この記事を読んで頂き少しでも知識として役立てて頂けたら幸いです。

皆さんも香典マナーをチェックしましょう。

 



スポンサーリンク