香典

お葬式の香典返しのタイミングはいつ?正しい返し方とは?

お葬式の香典返しのタイミングはいつ?正しい返し方とは?

初めてのお葬式はわからない事ばかりで大変ですよね。

葬式に出席して頂いた方から頂く香典のお返しなどはどうすればいいのか迷います。

香典返しは、お通夜や葬儀に参列頂いたお返しで、葬儀を終えたことの連絡を兼ねたお礼という意味合いがありました。

 

しかし、郵送の手続きもあるため、最近は葬儀式場で即日返しをすることが多くなっています。

そこで今回は、お葬式でもらった香典の香典返しのタイミングや返し方について見ていきます。

 



スポンサーリンク

 

香典返しをする場合としない場合がある?

お葬式の香典返しのタイミングはいつ?正しい返し方とは?

お葬式を執り行った場合に出席した方から頂く香典ですが、頂いた方々に香典返しとしてお返しするのがマナーです。

 

しかし、この香典返しをしない場合もあるのです。

香典返しをしない場合として、葬儀の際に香典や供物をお断りすることを明示した場合があります。

この場合はそもそも香典などを頂かないので香典返しの必要がありません。

 

一家の働き手を亡くし、その子どもが小さい場合も香典返しをしなくて良い場合があります。

いただいた香典を故人のゆかりの事業や社会福祉施設へ寄付した場合も同様です。

 

上記のような理由で香典返しをしない場合でも、忌明けにあいさつ状を出し、遺児の養育費に充てる、寄付に代えるなど、それぞれの使途を報告するのがマナーです。

寄付に代えた場合は、どこへどのような趣旨で寄付したのかを明記しましょう。

故人の遺志であった場合、そのことも書き添えておくとなおいいです。

 

お葬式の香典返しを返すタイミングは?

お葬式の香典返しのタイミングはいつ?正しい返し方とは?

香典を頂いた際の香典返しを返すタイミングはいつなのでしょうか。

弔事を滞りなく終えたことを伝えるという本来の意味のとおり、四十九日を過ぎた後、つまり忌が明けてから贈ります。

喪主が直接持参して、あいさつとともに贈るものですが、現在ではあいさつ状とともに配送する場合もあります。

 

忌が明けてから贈るということで、四十九日法要へ参列された方々へお渡しすると考える方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、四十九日法要は忌明けの大切な儀式ですので、香典返しは後日あいさつ状とともに配送するか、直接持参しましょう。

 

また、最近では葬儀当日やお斎の席で、会葬御礼とともに香典返しも贈り、持ち帰っていただくことも多いようです。

 

この場合には、一律の香典返しをお返しし、高額の香典をいただいた方へは後日改めて、それにふさわしい品物をお贈りしたり、香典の金額に応じて複数の香典返しを用意してお渡ししたりします。

 

もし万が一、香典返しの手配が遅れてしまった場合は、手書きの手紙で一言お詫びを添えて、早急に香典返しを用意しましょう。

悲しみから立ち直る際に時間が掛かってしまったという内容の文章がおすすめです。

 

お葬式の香典返しには何を贈るべき?

お葬式の香典返しのタイミングはいつ?正しい返し方とは?

香典返しには何を贈ればいいのか迷いますよね。

香典返しにはよく「不祝儀を残さない」という考え方があるため、「あとに残らないもの」を選ぶ方が多いです。

そのため、お茶やコーヒー、紅茶、海苔、砂糖といった「食べたらなくなる」食べ物や飲み物がよく使われています。

 

相手の方がいつ召しあがるかは分からないので、日持ちのするものを選ぶとよいでしょう。

 

また、「使えばなくなる」石けんや洗剤、タオル、シーツ、毛布などの日用品も定番とされています。

 

たとえ「あとに残らないもの」でも中にはタブーとされている品物もあります。

一般的に肉や魚の類などの生ものは昔から避けられています。

お酒などの嗜好品や慶事に使われるかつお節や昆布も香典返しにはふさわしくないとされています。

 

また、商品券などの金券は金額が分かってしまうのであまり好まれていません。

タブーではありませんが、なるべく避けたほうがよいでしょう。

 



スポンサーリンク

 

香典返しの金額の目安は?

お葬式の香典返しのタイミングはいつ?正しい返し方とは?

香典返しの金額は、香典の3分の1から半分程度が一般的です。

一万円のお香典をいただいた場合は、五千円程度がお返しの目安になります。

お香典の金額は人によって異なるため、金額毎に3段階くらいの品物を用意しておくとよいでしょう。

 

親族や身内が高額のお香典を包むときは扶助の気持ちである場合が多いので、お返しの金額にこだわる必要はありません。

一般的には3分の1から4分の1程度をお返しするとよいでしょう。

お通夜や葬儀の当日にお返し物をお渡しする「当日返し(即日返し)」の場合は、金額に関係なく全ての方に同じ品物をお渡しします。

 

香典が高額で用意した返礼品では不十分な場合は、忌明け後に改めて返礼品を贈ることが一般的です。

品物は「香典の半額」から「当日お渡しした品物の額」を差し引いた金額を目安に選ぶとよいでしょう。

 

香典返しに相応しい品物は?

お葬式の香典返しのタイミングはいつ?正しい返し方とは?

香典返しに相応しいものは、上記で上げた後に残らないものが相応しいです。

現代では家族構成は小さくなり、個々の家庭で年齢・性別が異なるものとなりました。

そこで相手先ごとに品物を選び分けされています。

 

たとえば食品で申しますと年齢の高い方には椎茸や佃煮が喜ばれ、若い家庭には油やドレッシングが役に立ち、単身者にはレトルトパウチや缶詰といった具合です。

 

タオルでいうと子供のいる家庭にはキャラクターもの、年配の方へは上質の細い糸で織った吸水性よく絞り易いもの、ジョギングやジム通いの方にはスポーツタオルなどが選ばれています。

 

また、品物選びに困ってしまう場合などには金額別にカタログギフトをご用意される方も多くなっています。

 

まとめ

今回は、香典返しの事について見ていきました。

香典返しのタイミングは早いほうがこのまれるので、葬式が終わったからといい、香典を貰っているのに香典返しを忘れてしまわないようにしたいですね。

最近は当日に告別式の後に香典返しをする事も多くなってきましたので、自身がしっかりお返しが出来る方法で行なうとよいでしょう。

 

香典返しに相応しい品物も貰って後に残らないものも選ぶようにし、貰って嬉しい品物を選べたらいいですね。

香典返しだけでもマナーがしっかりあるので大人としてきちんとマナーを守ってお返ししましょう。

香典返しで迷っている方の参考になれば幸いです。

 



スポンサーリンク