香典

葬式における香典の渡し方は?今さら聞けない大人の常識

葬式における香典の渡し方は?今さら聞けない大人の常識

葬儀で通夜や告別式に参列する場合、挨拶のマナーについて知っておかないと当日の立ち居振る舞いが心配ですよね。

香典の受付での渡し方やその時何と言うべきかなどの挨拶マナーなど常識として知っておきたいことばかりです。

葬儀に出ない場合なども香典などはどうしたらいいのか気になります。

 

そこで今回は、葬式における香典の渡し方やマナーについて見ていきたいと思います。

 



スポンサーリンク

 

葬式の受付に着いた際の香典の渡し方は?

葬式における香典の渡し方は?今さら聞けない大人の常識

受付に着いた際の渡し方を見ていきます。

 

香典を渡すタイミングについて

香典の受け渡しは通夜か告別式での受付で記帳と一緒に行うのが最近の風潮です。

つまり、渡すタイミングが統一されているので困ることは無いといえます。

 

ここでのポイントが、香典の渡し方には2種類あるということです。

ノート形式の場合は、受付で香典を渡してから芳名帳に氏名や住所を記帳します

これは従来の方法です。

 

最近は管理がしやすいように個人カードを利用する方が増えていて、個人カード形式の場合は、カードに氏名や住所を記帳してからカードと香典を一緒に受付に出します

渡し方が少し違ってくるので覚えておきましょう。

 

香典の差し出し方

用意した香典はふくさに包んで行くのがマナーですが、このふくさから取り出すタイミングは受付で渡す時です。

 

香典を渡す際には、ふくさを表側が相手に見えるように机の上に置き手早く広げて取り出したらふくさを畳み、脇に寄せてから香典袋を相手によく見えるようにして手渡すのが作法です。

 

受付待ちしているタイミングだと早すぎて相手に失礼なマナーになってしまうのでNGです。

必ず受付に到着してから香典をふくさから取り出します。

遺族や受付の人の手を煩わせることは失礼に当たるので、落ち着いて丁寧に行いましょう。

 

香典を渡した後の言葉掛けは?

葬式における香典の渡し方は?今さら聞けない大人の常識

受付で香典を渡した際の言葉掛けの例をあげると、受付に到着し、一礼したのちに「この度はご愁傷様でございます。」などのお悔やみの言葉を述べて、ふくさから香典を取り出して渡す際に「御霊前にお供えください。」と言葉を添えて渡します。

 

ここでのお悔やみの言葉は

  • 「このたびは突然のことでお悔やみ申し上げます。」
  • 「心よりお悔やみ申し上げます。」
  • 「お参りさせていただきます。」

などでもいいです。

 

お悔やみを伝える際もあまり明るい印象ではなく、静かに伝えます。

お悔やみの言葉や香典を渡した際にも使ってはいけない言葉があるので注意しましょう。

 

忌み言葉は、「重ね重ね」「たびたび」などの重ね言葉、「再び」「引き続き」など繰り返しを連想する言葉、「死去」「生きる」など生死の直接的な言葉となります。

励ましの言葉は、悲しみに沈んでいるご遺族にとっては負担になることもありますのでNGです。

宗教観に合わない言葉もありますので注意が必要です。

 

香典を渡す際の注意点

葬式における香典の渡し方は?今さら聞けない大人の常識

香典を渡す際の注意点を見ていきます。

 

親族など身内の不幸の場合

親族など身内の場合だと、訃報を聞いてすぐお通夜の前に弔問に訪れることもあるかもしれませんが、その際に香典を持参してはいけません。

事前に準備していたと解釈される場合があるのでマナー違反です。

通夜の席に持参しましょう。

 

渡すタイミングは、親族は控室で早めから待機することが多いため、その場で喪主に手渡して大丈夫です。

もしすでに受付が用意されていれば受付に持参してもいいです。

いずれにしても、参列している他の親族がどのようにしているのか状況をみて、合わせる方が無難です。

 

香典を渡すのは一度だけ

親族の不幸や、または故人と親しい間柄だった場合など、通夜と葬儀の両方に参列することもあるかと思います。

 

しかし、通夜と葬儀の両方に出席したからといっても香典を渡すのは一度だけです。

通夜と葬儀の両方で渡してはいけません。

 

これは、香典を何度も渡すことは「不幸が重なる」ということを連想されるためで、マナー違反となります。

もし、どちらにも出席される場合はどちらでも良いのですが、通夜の席に持参する方がよいでしょう。

 

他の弔問者に香典を預けない

どうしても通夜や葬儀に参列出来ない場合に、他の参列する方に香典を預けようと考える方も中にはいらっしゃるかもしれません。

 

ですが、これはマナー違反です。

他の弔問者に香典を預けるという行為は、喪家に対して失礼にあたるという言い伝えがあるので、他の弔問者に香典を預けないようにしましょう。

 

どうしても参列することが難しく香典が渡せない場合には、香典を郵送する方法をとることをお勧めします。

葬儀にどうしても参列できないという弔意を示すのがベターです。

 



スポンサーリンク

 

通夜・葬儀・告別式に参列出来ない場合は?

葬式における香典の渡し方は?今さら聞けない大人の常識

通夜、葬儀などにやむを得ない事情で参加出来ない場合もあるかもしれません。

その場合はマナーをしっかり守っていれば大丈夫です。

 

やはり香典を他の弔問者に預けるのはマナー違反になりますので、参列出来ない事が分かるような事情であれば、弔電を打ち、香典を送るか、もしくは弔電を打ち、供花を贈るなど郵送で行なう方法が望ましいでしょう。

 

大事なのは、手渡しかどうかではなく送る心なので送っておきます。

どうしても直接渡したい方は、後日伺うことも可能です。

 

通夜や葬儀の日には予定が空けられなかった分、後日改めてご自宅の方へお参りにうかがい、香典を渡します。

その場合は相手側の都合などもありますから、しっかりマナーを守っていきましょう。

 

まとめ

今回は、香典の渡し方やマナーについて見ていきました。

香典を渡す場合にはちゃんとしたふくさのマナーや言葉掛けがありますので知って置いて損はないです。

 

タイミングも2パターン存在していますので、どちらも覚えておきたいですね。

葬儀などに出席される時にマナーを知識として覚えておくと、相手側に不快な気持ちにさせることはないので大人としてしっかりとしたマナーでいきましょう。

 

もし葬儀に参列出来なくても、後日伺うことは可能ですので、遺族側に配慮した行動を考えてしましょう。

香典の渡し方なのでお悩みの方の参考になれば幸いです。

 



スポンサーリンク