生活保護葬儀

生活保護葬儀の費用や納骨は?服装や香典はどうすればいいの?

生活保護葬儀の費用や納骨は?服装や香典はどうすればいいの?

葬式を行なう時に気になるのが費用です。

生活保護を受けている方がサービスを受けられる生活保護葬儀などもあり聞いた事はあるが、費用などはどのくらいなのか気になりますね。

葬儀に出席する場合の服装や香典はどうしたらいいのか迷ってしまいます。

 

そこで今回は、生活保護葬儀の費用や納骨はどうなのか服装や香典はどうしたらいいのか見ていきます。

 



スポンサーリンク

 

生活保護葬儀とは?

生活保護葬儀の費用や納骨は?服装や香典はどうすればいいの?

生活保護を受給されている方のみが実質の自己負担額0円で受けられる、必要最小限の内容におさえたお葬式のことです。

条件に合えばどなたでも依頼可能です。

別名、葬祭扶助制度といい、葬儀を行う方の金銭的負担をなくすために自治体より葬儀費用が支給される制度です。

 

この制度を利用するには、申請資格を満たし、葬儀を行う前に申請しておかなければ、制度の対象となりません。

別名「福祉葬」「民生葬」とも呼ばれます。

 

「亡くなった方が生活保護受給者だった」、「生活保護を受給している方が葬儀を行うことになった」場合、生活保護法の第18条の葬祭扶助で定められており、国から最低限の葬儀費用が支給されます。

 

葬祭扶助制度の申請をするには、以下のどちらかの条件を満たす必要があります。

葬儀を執り行う施主(扶養義務者)が生活保護受給者で生活に困窮している場合。

この場合は、その管轄の役所にある福祉課や保護課により、故人や遺族の収入状況・困窮状態を元に判断されます。

 

または、故人が生活保護受給者で遺族以外の方(家主など)が葬儀の手配をする場合。

この場合は、故人が残した金品から費用分を受け取ることもでき、それだけでは足りない部分が支給となります。

 

生活保護葬儀の流れや時間はどれくらい?

生活保護葬儀の費用や納骨は?服装や香典はどうすればいいの?

生活保護葬儀を行なう時の流れは、

 

1:受給者の死亡を確認後、福祉事務所に連絡を入れる

お世話になっていた民生委員やケースワーカー、あるいは役所の福祉係に相談します。

死亡診断書など、死亡が確認できる書類を用意しておきます。

 

2:葬祭扶助の申請を認められたことを確認し、葬儀社に葬儀の依頼をする

葬祭扶助の申請は、必ず葬儀前に行わなければなりません。

葬儀社に依頼する場合は、「葬祭扶助制度を利用して葬儀を行いたい」と伝えたうえで依頼するようにする。

 

3:葬儀を行う

「搬送」⇒「安置」⇒「納棺」⇒「火葬」⇒「収骨」の流れで行なわれます。

通夜と告別式は行ないません。

 

4:福祉事務所から葬儀社に費用が支払われる

基本的に、施主となる方を介さずに、福祉事務所から葬儀社へと、直接支払われます。

もっとも気を付けなければならないのが、葬儀開始前に申請をしておくことです。

 

生活保護葬儀は、通夜と告別式が無いので1日で終わる葬儀が多いです。

 

生活保護葬儀の費用はいくら?納骨はどうすれば?

生活保護葬儀の費用や納骨は?服装や香典はどうすればいいの?

生活保護葬儀は、生活保護を受給されている方であれば自己負担額0円で受けられます。

この時に国から葬祭扶助の支給額は地域によって変わりますが、大人201,000円、子供160,800以内が支給されます。

 

しかし、この生活保護葬儀で行なう場合には通夜と告別式が無い上にオプションがだいぶ削られているので、本当に最低限度なお葬式となる場合が多いです。

この内容であれば自己負担額0円で出来るのです。

 

祭壇の用意をせず、親しい方数名でお別れをしますので、扶助費内に収まる内容になっています。

葬祭扶助での葬儀をした場合、火葬後の遺骨の扱いをどうするかが問題になってきます。

 

なぜなら、葬祭扶助の基準額に含まれる納骨料とは、「火葬後に遺骨を骨壷に収めるまで」の費用だから。

その後の墓や納骨堂などにおさめる費用は対象外なのです。

 

お墓がない場合の遺骨の保管方法としては、お墓を買うか、納骨堂に預けるか、散骨をするなどがありますが、その場合でもお金は発生してきます。

お金をかけない方法に手元に置いておくと言う場合もありますが、どちらにしても納骨を行なう時はお金がかかってしまうのが現状です。

 



スポンサーリンク

 

一日葬の香典の相場は?

生活保護葬儀の費用や納骨は?服装や香典はどうすればいいの?

一日葬に出席する時の香典の相場は、5000円くらいです。

これは一般な葬儀に出席する時の香典相場と同じ金額です。

 

親族の香典の相場は続柄によって変わってきます。

  • 個人との関係が両親・義両親の場合、5万円~10万円
  • 祖父母の場合は、1万円~3万円
  • 兄弟姉妹、義理の兄弟姉妹の場合は、5万円
  • おじやおばの場合は、1万円
  • その他親戚は、1万円

 

なお、亡くなった方が会社の取引先の方である場合、まずは上司と相談し、会社名(社長名)でお香典を出すかどうかを決めます。

金額は亡くなった方が重役以上の役職に就いている方なら10,000円以上が相場で、そうでなければおつき合いの深さによって3,000円以上を包みます。

お香典の代わりに弔電やお花をお贈りする場合もあります。

 

一日葬に参列する時の服装は?

生活保護葬儀の費用や納骨は?服装や香典はどうすればいいの?

一日葬であっても、礼服が望ましいです。

平服で参列できる場合でも、服装はそれなりにきちんとしたものが必要になります。

 

男性の場合

ブラックスーツか濃紺、ダークグレーなどのダークスーツを着用します。

ワイシャツは必ず白を着用して下さい。ネクタイは柄のない無地の黒、光沢のないネクタイを選びます。ネクタイピンはつけません。

靴下と靴も黒がよいでしょう。

 

靴は、光沢のない合成皮革か本革のもの。

つま先に横一文字のライン(ストレートチップ)が入ったものが理想的です。

身につけるものは、時計と結婚指輪くらいにします。

 

女性の場合

黒・ダークグレーなどのワンピースやスーツを着用します。

スカート丈は、膝が隠れる長さでストッキングは肌色か黒にします。

靴やバッグもすべて黒にした方がよいでしょう。

 

女性は化粧をしますが、化粧は地味な化粧を心がけます。

ですが、ノーメークはあまりよくないのでナチュラルメイクをしましょう。

ネイルも派手なネイルを避け、事前に落としていくのがいいでしょう。

 

ヘアスタイルはロングなど髪が長い場合は1つに縛るなど派手なスタイルにしないようにします。

 

子供の場合

子供の場合は喪服を持っている場合が少ないので、制服を着用します。

もし、制服がない場合は黒や紺、濃いグレーなど地味な色の服装にしましょう。

 

基本的には白いシャツやブラウスに、黒や紺、濃いグレーなどのズボン、スカートが適切でしょう。

靴下や靴もできる限り黒やグレーなどで揃えたほうが無難です。

 

まとめ

生活保護葬儀の費用や納骨は?服装や香典はどうすればいいの?

今回は、生活保護葬儀について見ていきました。

生活保護葬儀も生活保護を受けている方しか受ける事が出来ない事と、費用がどれくらいなのか知る事が出来たと思います。

納骨も生活保護葬儀の対象外で、その分の金額が発生するので、生活保護を受けている方は納骨をするときは考えて行動しましょう。

 

満足のいく葬儀にする為に最も重要な事は、心配な方がいる・いないに関わらず葬儀に関する知識を知っておくことが大事です。

皆さんの知識の役に立てて頂けたら幸いです。

 



スポンサーリンク