葬式マナーは足元も見られている?履いていい靴とNGな靴とは?

葬式マナーは足元も見られている?履いていい靴とNGな靴とは?

成人になるとお葬式に出席する場面が沢山出てくると思います。

お葬式だけのマナーって沢山ありますよね。

葬式マナーを間違えると相手にも失礼に値しますし、恥ずかしい思いをしてしまうことになりかねないです。

 

特に、服装など喪服のマナーがあったり、身につけるものでマナーがあります。

そこで今回は、葬式で身につけるものの中で履いていい靴と駄目な靴があるので見ていきましょう。

 



スポンサーリンク

 

葬式のマナーとして履いていい靴は?

葬式マナーは足元も見られている?履いていい靴とNGな靴とは?

お葬式にどんな靴を履いていっていいか迷いますよね。

男性と女性に分けて見ていきます。

 

男性編

男性の場合、最もふさわしいのは内羽根のストレートチップというつま先に横一文字のラインが入ったデザインが理想です。

内羽根は紐を解いても羽根が全開にならないことから見た目に清潔感があるためフォーマルに見えます。

 

素材は合成皮革か本革を選びます。

同じくプレーントゥというつま先にラインのないデザインもフォーマルの代表とされているため、いずれかを選択するのがよいでしょう。

靴の色は基本黒系の色を選びます。

 

明るい色は避け、茶色、グレーなどの色も避けておくのが無難です。

素材については本革や合成皮革、もしくはポリエステルなどの布系の靴ならば問題ありません。

中敷きについては気にしなくても構いませんが、靴を脱いだ際に気になるという方は紺色やベージュなどの色を選びましょう。

 

女性編

女性の場合、飾りのないデザインの黒のパンプスが最もふさわしいとされています。

男性と同様色や素材に着目すると良いでしょう。

当然ながら明るい色は避け、黒系の地味な色合いを選びましょう。

 

ヒールは高すぎず、3センチから5センチのミドルヒールです。

太めのもので、素材は布製・ポリエステル・合成皮革・本革でツヤのないものを選ぶと良いでしょう。

本革も葬儀・告別式などでは良くないとする人もいますが、靴の場合には革を避けるとフォーマルなものは選択肢が狭まるので許容範囲とされます。

 

つま先はラウンドトゥ、スクエアトゥ、アーモンドトゥはOKです。

ストラップ付きでも良いのですが、金具が目立たないものに限ります。

妊婦や高齢の方などはローヒールやフラットな靴やバレエシューズなどでも良しとされます。

 

事情がある方は、状況や体調にあわせて選びましょう。

 

子供編

お子さんの場合、あまり葬式用の靴を持っていない方が多いと思います。

なので、学校指定のローファーなどがあればそれを履くようにしましょう。

できれば黒い革靴を履くのがいいですが、なければ黒あるいはグレーなど目立たない色のスニーカーを選びます。

 

大人はダメなローファーも子供や学生はOKです。

乳幼児や小学生向けのフォーマル靴も販売されていて、卒園式、発表会、入学式などでも使えるので、黒のシンプルなフォーマル靴があると便利です。

 

葬式のマナーに反するNGな靴は?

葬式マナーは足元も見られている?履いていい靴とNGな靴とは?

男性編

ビジネスの現場では、つま先のデザインがUチップやウィングチップ、ポインテッドトゥになっている靴がよく履かれています。

 

しかし、葬儀の場ではマナー違反です。

ストレートチップに穴飾り「ブローグ」があるものは避けましょう。

金具がついている革靴もNGです。

 

靴ひもを通す穴に金具の装飾が施されている靴もカジュアル寄りのデザインになりますので、避けたほうが無難でしょう。

革靴でも悪くはないのですが、光沢のあるものは避けます。

 

ただし、殺生を感じさせるスエードやアニマル柄はNGです。

光沢感が強いエナメルも葬儀・告別式などではマナー違反です。

装飾がついた靴、メダリオン(穴飾り)や金具のある靴もNGです。

 

ローファーは一見シンプルに見えますが、カジュアルとされるのでNGです。

もちろんビットローファーも金具がついているのでダメです。

 

女性編

女性の靴は、ピンヒールのようにヒールが高く細いデザインやウェッジソールのようなカジュアルなデザインの物は避けましょう。

黒のローファーはカジュアルとされているので大人は避けます。

ブーツやショートブーツ、ハイカットの靴もカジュアルとされるのでNGです。

 

スニーカーやサンダルはもちろんNGです。

ヒールの高さの目安は、3センチから5センチです。

 

長時間立ちっぱなしになる可能性を考えると、ヒールのない靴のほうが良いように思えますが、カジュアルな印象を与えてしまうことと喪服とのバランスを考えて、若干ヒールがある物をおすすめします。

 

ワンポイントのデザインが入っている靴も避けるべきです。

かわいいリボンがついていたり、花などの装飾が施されていたりする靴ではなく、シンプルなデザインを選ぶようにしましょう。

女性の場合も光沢があるものは避けて、靴の色もカラフルな物はNGです。

 

子供編

子供は大人とは違い、フォーマルではない靴を履いていてもマナー違反と言われることはありません。

 

しかし、あまりに常識から外れた色やデザインの靴を履いていると、それを選んだ親の責任になりますので注意しましょう。

かかとの部分にローラーがついているような靴や明るい蛍光色の靴は避けるべきです。

学校に履いていくようなローファーであれば問題ありません。

 



スポンサーリンク

 

葬式ではどんな靴下を履くべき?

葬式マナーは足元も見られている?履いていい靴とNGな靴とは?

お葬式では靴を脱ぐ場面も沢山あるので、靴を脱いだら見える靴下などにも注意を払います。

 

男性の場合は、黒色の無地の靴下を着用します。

黒の靴下でも短くてくるぶしが見えるようなものはよくありません。

柄が入っているものも避けましょう。

 

そして、特に厳しいのは女性の方です。

女性の場合は、大体がワンピースタイプを着られる方が多いのでタイツを着用すると思いますが、ストッキングも黒色で肌が透けるものがいいです。

 

30デニール以下を選びます。

厚手の60デニール以上のタイツなどはNGです。

中にはベージュのストッキングを履いてくる方もいますがOKです。

 

ですが、出来るだけ黒のストッキングの方が好ましいです。

網タイツや飾りのついたものはNGです。

夏でも生足はダメです。

 

妊婦や高齢の方は例外で、体を冷やさぬように状況や体調にあわせたものを身につけましょう。

子供の場合は、黒色の靴下が好ましいです。

 

無ければ白色の靴下でもOKです。

フォーマル靴にあわせたタイツもOKです。

 

葬式マナーにおける靴のまとめ

葬式マナーは足元も見られている?履いていい靴とNGな靴とは?

今回は、葬式マナーとして履いていい靴と履いてはいけないNGな靴をご紹介しました。

意外に見られている足元。

 

足元だと見えないから大丈夫とマナーを考えないでしまう事もあるかと思いますが、お葬式や通夜の席では靴を脱ぐ場面もあり、女性の場合はストッキングなどは周りの目に入りやすいのでマナーをしっかり守って着用したいですね。

 

基本は黒色の靴で、光沢のないものを選び、お葬式など用に1足用意しておくのもよいのではないでしょうか。

特に、子供などはあまり葬式に出席する場面が少ないので用意が出来ないと思います。

 

白のスニーカーや黒の靴があれば別ですが。

普段使い出来そうな黒の靴下か白色の靴下でも前もって準備しておくのも良いかと思います。

一見見落としてしまう足元ですが、葬式マナーを守って相手側に失礼の無いようにしたいですね。

 

葬式では足元も意外と多くの方に見られているので、靴もTPOに合わせたものを履くのがベストです。

今回の内容を参考に、正しい靴を履いて参列するようにしていきましょう。

 



スポンサーリンク