焼香

葬式に行く前にマナーとして知っておきたい焼香のやり方は?

葬式に行く前にマナーとして知っておきたい焼香のやり方は?

お葬式に行くときに知っておきたい葬式マナーは沢山ありますよね。

意外に知らない事が沢山あって行った先で困ってしまうこともあると思います。

 

そこで今回は、葬式に行く前にマナーとして知っておきたい焼香のやり方についてお伝えしていきます!

焼香というと葬式の際に順番として回ってくるものですが、結構周りのやり方を見て真似をしたりする方も多いのではないでしょうか。

 

ちゃんとしたやり方を知らない方もいると思うので、当日葬式マナーで恥をかかない様に参考にしてみて下さい。

 



スポンサーリンク

 

葬式の焼香のマナーは宗教によってそれぞれ

葬式に行く前にマナーとして知っておきたい焼香のやり方は?

お葬式に行った時に必ず行なう焼香は実は宗教によってだいぶ変わってきます。

やり方が全然違う宗教も多いので、自分がどこの宗教の葬式へ行くかをしっかりチェックしていくとよいです。

 

まず、焼香とは浄土を表現するものです。

仏が住んでいる浄土の”なんともいえない香りを含んだそよ風が漂うさま”を目のあたりにするためのもの。

その香りは隅々まで広がり、すべての人に平等に行き渡るので、仏の慈悲を讃えるためのものともいわれます。

 

しかし、焼香に対する考え方も宗教によって違い、浄土真宗では焼香はあくまでも自分自身の心身を清めるためのもの。

そのために、他の宗派のように右手でつまんだ香を額におしいただくことはしません。

回数にしても真言宗や日蓮宗は通常三回ですが、天台宗や浄土宗、臨済宗、曹洞宗などのように、特に定めはない宗派もあります。

 

一般的に焼香というと仏教だけのものと考えがちですが、キリスト教にも献香があり、カトリック教会やルーテル教会では行われることもあります。

神道は玉串を奉奠したりするので本当に様々のようです。

 

葬式で恥をかかない正しい焼香のやり方は?

葬式に行く前にマナーとして知っておきたい焼香のやり方は?

1:仏式の場合

仏式の場合は抹香をたくのが正式。

まず、焼香台の少し手前で遺族と僧侶、また焼香台の前で一礼。

数珠を左手にかける。

 

右手で抹香をつまみ、額におしいただく。

抹香を静かに香炉の炭の上にくべる。

合掌後、少し下がり遺族に一礼して席に戻るが基本となります。

 

2:神式の場合

神道儀式の拝礼は、玉串を奉奠します。

まず、神官に一礼し、玉串を受け取る。

右手は枝を上から、左手は葉先を下から持つ。

 

玉串案の前まで進み、一礼する。

根元が手前になるように時計回りに90度回す。

左右の手を持ち替える。

 

時計回りで根元を祭壇に向け、玉串案に捧げる。

数歩退いて2回深く礼をする。

2回しのび手を打ち、再び深く一礼する。

 

神官と遺族に礼をして終えるが基本となります。

 

3:キリスト教式の場合

「献花」は日本だけの風習で、信者の方もそうでない方も故人とのお別れを表すために行います。

まず、花が右側にくるように両手で受け取る。

遺族に向かって一礼する。

 

根元が祭壇側に向くように献花台に置く。

深く一礼する。

聖職者や遺族に一礼して終えるが基本となります。

 



スポンサーリンク

 

お焼香は宗教によって回数が違う?

葬式に行く前にマナーとして知っておきたい焼香のやり方は?

焼香は宗教によって変わってくるのですが、宗派によってもだいぶやり方が変わってきます。

多くは焼香の作法のおしいいだく回数はだいたい「1〜3回」となります。

焼香の回数が違うのは、その回数に込められた意味が宗派によって違うからです。

 

「別れの一本線香」というように、仏教では死を「一に帰る」ととらえています。

お焼香の回数が1回なのは、この考えを表しています。

お焼香を2回行うのは主香・従香といい、1本目に祈念し2本目は1本目のお香を絶やさないようにという意味が込められています。

 

基本は仏式の抹香を使う所が多いですが、違いを見ていきます。

臨済宗は抹香をたく際に1回焼香。

線香は1本立てます。

 

真言宗は抹香を3回おしいただき焼香。

線香はばらばらに離して3本立てます。

 

浄土真宗は抹香を額におしいただかずに1回焼香。

線香は1本を2つに折り寝かせます。

 

曹洞宗は抹香で2回焼香。

1回おしいただき、2回目はおしいただかない。

線香は1本立てます。

 

日蓮宗は抹香で額におしいただき、1回または3回焼香。日蓮正宗は額におしいただき、3回焼香。

線香は3本寝かせます。

お焼香の回数に関しての意味は、各宗派口伝が多いようです。

 

焼香の回数にこだわりを持つ必要はないようですので、ご自身の納得する回数で臨みましょう。

 

焼香の時の数珠の使い方は?

葬式に行く前にマナーとして知っておきたい焼香のやり方は?

お焼香をするときには、お数珠を持っているほうがいいでしょう。

数珠は念珠とも言われ、仏・菩薩さまやご先祖さまを拝むときなどに回数を記憶するためのものとされています。

「数を念ずる」「数を記す」そして「念仏を唱えて手を合わす」といろいろな意味合いで使われています。

 

身代わりにもなる仏具でお守りのようなものといわれています。

お数珠は、普段から用意しておくとよいのではないでしょうか。

お通夜は急な場合もありますので準備が間に合わなかったときには、お数珠を持っていなくても失礼になることはありません。

 

お数珠の持ち方のマナーは、座っているときは、お数珠を左手首に掛けましょう。

また、立っているときは、お数珠のふさの部分を下にして左手に持ちます。

お数珠が長い場合は、お数珠を二重にして左手に持ってもいいでしょう。

 

焼香をする際は、ふさを真下に垂らし親指と他の4本の指にかけて親指で軽く押さえます

指を伸ばし両手をぴったり合わせ合掌します。

左手で胸の高さに持ち、右手で焼香します。

 

まとめ

葬式に行く前にマナーとして知っておきたい焼香のやり方は?

今回は、葬式マナーの焼香のやり方を見てきました。

焼香って意外にやり方を知らない方が多くて、宗教によってだいぶ違いがあるのがわかりました。

基本はありますが、宗教によって違いがあれどあまり気にしなくてもいいことが分かりました。

 

しかし、知識として知っていれば葬式などに出席した際に役に立つのではないでしょうか。

宗派などは少しの違いが宗派によってあるので、自分が出席する通夜や葬式をチェックして行かれた方がいいです。

葬式マナーとして焼香をする際に役に立てたら幸いです。

 

皆さんも参考にしてみて下さい。

 



スポンサーリンク