親族のマナー

葬式に参加する時のマナーで親族としてするべきことは?

葬式に参加する時のマナーで親族としてするべきことは?

お葬式は親族にとって故人を亡くされた痛みはとても悲しいものです。

そして、葬式をするとなると気になるのが、葬式をする時のマナーです。

 

色々ありますが、親族側が主催する時もマナーがあり、気になる所ですよね。

そこで今回は、主催する親族側の立場になって親族の葬式マナーがどういったものがあるのかについて見ていきたいと思います。

 



スポンサーリンク

 

親族の葬式に参加する時の服装のマナーは?

葬式に参加する時のマナーで親族としてするべきことは?

故人の親族として参列する時は、遺族を超えてはいけないので正式な喪服を通夜・葬式で身につける事になります。

男性は、略礼装のブラックスーツを身に付けることがほとんどです。

上下揃いのブラックスーツでシャツは無地の白でネクタイはもちろん無地の黒、靴下も黒無地で、靴はシンプルなデザインの黒です。

 

女性は通夜の席では洋装、翌日の葬儀では和装あるいは洋装の喪服を身に付けます。

喪服が和服であっても洋服であっても、格の違いはありません。

和装の場合は半襟、足袋、襦袢は白で、帯、帯締め、帯揚げ、草履、バッグなどの小物は黒で統一し、着物には必ず家紋(実家の女紋か、婚家の家紋)を入れます。

 

洋装の場合は膝が隠れる程度の丈の黒いワンピースか黒いスーツで、ストッキングは黒、靴も黒のパンプスです。

和装・洋装とも靴やバッグは布製のものが正式ですが、光沢の無い革でシンプルなデザインのものなら許容範囲です。

アクセサリーは原則として結婚指輪以外は身に付けません。

 

身につける場合は真珠のネックレスくらいです。

化粧は控えめにします。

 

親族は葬式の香典でいくら包むべき?

葬式に参加する時のマナーで親族としてするべきことは?

親族として葬式などに出る際にも香典を出すと思いますが、どれくらい香典を入れたらいいか迷いますよね。

しかも、親族なので額を多くしなければいけないのかと気になります。

親族として香典の額をどれくらい出すのか目安を載せていきます。

  • 一番関係の深い自分の両親や義両親の場合で10万円前後
  • 兄弟や祖父母の場合で5万円
  • その他の親戚の場合で3万円

これくらいの金額を出しておけば、問題は生じません。

 

ただし、自分の立場や喪主の側がどれぐらい困っているかによって、支払うべき金額はもっと少なくても良い場合ともっと多く出す必要がある場合が生じてきますから、そのあたりは「気働き」がとても大切だといえます。

 

更に使用するお金について、昔から葬儀において新札は「事前に死を予期して用意していた」と捉えられるので事前に新札ではないお金を用意します。

葬式の形式が仏式であるか、神式であるか、キリスト教式であるかなどによって、香典袋の種類や書き方が異なってきます。

故人の家庭の事情を知っているはずの親族のひとりとして、これらのマナーは必ず守るように気を付けましょう。

 

親族の葬式で供物はどうするべきなのか?

葬式に参加する時のマナーで親族としてするべきことは?

供物は、故人や仏様への感謝の気持ちを表すために贈るものです。

供物にはある程度の決まりごとがあり、それは宗教などにより変わってくるので要注意です。

 

仏教では「お線香・花・ろうそくなどの明かり(灯明)・浄水・飲食」の5つ(五供)がお供えの基本とされていて、葬儀や法事ではこの基本に沿った品物や現金を、故人を供養するための「お供え物」として仏壇や祭壇前に供えます。

 

仏式では贈ってはいけない肉や魚などの生ものが、神式の場合では供物としても問題なかったり、逆に線香やろうそくなどは、仏教の供養のためのものであるため、神前に供えるものとして相応しくなかったりするのです。

 

キリスト教式の場合、供物の習慣はなく、生花を贈るのが通例です。

葬儀の際には、一般には親族が出すものとされています。

 

現在の葬儀の場合、喪家側が支払い、のし紙に「親族一同」「孫一同」などと表記する場合もあるので、必ずしも費用は全て親族が必ず負担しなければならないとは限りません。

個人として供物を出す事も出来るので、出したい方は問題ありません。

 



スポンサーリンク

 

親族として葬式に参加する時の注意点は?

葬式に参加する時のマナーで親族としてするべきことは?

親族として葬式に参加する時の注意点は、親族としてやることを頼まれる場合があることです。

受付を頼まれる場合もありますし、親族代表としてあいさつを頼まれる場合があるかも知れません。

親族も遺族側に近い側なので、出来たらその日の全体の流れを把握しておくと何があった時も事前に対応が出来ると思います。

 

当日受付を任された親族は一般的に開始時刻の約30分前から受付をしていますが、お手伝いをするような近い親族の場合には予め遺族に集合時間を確認した方が良いでしょう。

葬儀が始まりましたら祭壇向かって右側の列に座ります。

親族として出席することで、滅多に会うことのなかった親戚、ほとんど会うことのなかった親族とも会うことになります。

 

そうなると何かと気を遣うことが多くなるので、そのところの心の準備もあった方がいいと思います。

 

また、親族は喪家側ともなにかと関わりのある立場でもありますが、特に喪主はさまざまな用事で忙しいことが多いので、あまり迷惑をかけたり邪魔したりすることのないようにしてあげてください。

 

親族として葬式に参加する時の言葉は?

葬式に参加する時のマナーで親族としてするべきことは?

親族として葬式に参加した時、その他出席された方から挨拶をされる事が沢山あります。

例えば「この度はご愁傷様でございます。」などと言われたら、「お気遣いありがとうございます。」などと返してもよいでしょう。

 

特に、気の利いた言葉でなくても、丁寧に頭を下げお辞儀をするだけでもいいと思います。

遺族側の立場でお悔やみを言われることが多いので、出席された方々の受け答えもしておくといいです。

 

まとめ

葬式に参加する時のマナーで親族としてするべきことは?

今回は、親族として葬式に参加した時のマナーについて見ていきました。

親族は基本的に遺族よりは表に出てはいけないので、陰に隠れながらでも出席者の相手もしつつ、遺族のお手伝いもする役回りであると知りましたね。

 

遺族として葬式に出席するが、遺族側のマナーをあまり知らない方が多いと思います。

遺族として香典をいくら包んだら良いのかも知らない場合が多いです。

 

そんな時の参考になったら幸いです。

特に、親族として参列する時にはちゃんとしたマナーを身につけておきたいところですよね。

皆さんも葬式マナーを踏まえて恥のないように出席したいものですね。

 



スポンサーリンク