供花

葬式で頂いた供花のお返しは何を贈るべき?

葬式で頂いた供花のお返しは何を贈るべき?

葬式の時に供花を頂く場合もあるかと思います。

訃報をうけたら、故人との間柄によっては供花(きょうか)を贈ります。

 

供花は、お悔やみの気持ちを込めた弔意として、葬儀場に供える生花です。

もし供花を頂いた際のお返しなどはどうしたらいいのか迷いますよね。

香典などはお返しなどは何となく分かりますが、供花の場合のお返しが知りたい。

 

そんな貴方に、今回は葬式で頂いた供花のお返しは何を贈るべきなのか見ていきたいと思います。

 



スポンサーリンク

 

そもそも葬式で頂いた供花にお返しはするべき?

葬式で頂いた供花のお返しは何を贈るべき?

葬式で供花を贈る場合、マナーとしてお葬式がある遺族に供花を贈って良いかの連絡をします。

何故かというと、供花は香典などと違って遺族から辞退されやすいものだからです。

 

そして、宗教やその家々によって扱う花が違う場合もあるので、もしにつかわない花を贈ってしまい、相手側に不快な思いをさせてしまうこともありうるからです。

供花は遺族の了承を得て贈る場合が多いので、そのような場合には、お礼状と共に、返礼品の品物を一緒に贈るのが一般的と言われております。

 

もし、香典と一緒に供花を頂いた際は香典返しと一緒に贈るのが一般的です。

 

お返しをする品物(返礼品)の金額の相場は、千円~三千円程度とされていますが、供物・供花・お花代と一緒に香典も送られてきたということであれば、その分もプラスして品物(返礼品)を選ぶ必要があります。

 

なお、供花などのお礼の品物を贈るのは49日後の香典返しと一緒となりますが、その前に一言お礼の電話などを入れておくようにするといいでしょう。

お礼状は品物を送る時に添える形で構いませんが、それまで何のお礼もないというのも失礼ですから、電話で簡単なお礼を述べておいた方が無難です。

 

葬式で頂いた供花のお返しは何を贈るべき?

葬式で頂いた供花のお返しは何を贈るべき?

葬式で供花を頂いた際は、お返しをします。

その時に何をお返しすればいいのか迷いますよね。

大体の方は香典返しなどと似たような品物を用意する方が多いです。

 

『会社関係で供花や香典を頂いた際も皆さんで食べて下さい。』と言うように小分けされたお菓子を送ると喜ばれるかと思います。

他にも、カタログギフトも自分で選んで頂けるのでオススメです。

その他にも、調味料系、タオル、洗剤など種類は沢山あるので値段やメーカーなどで選ぶと良いと思います。

 

やはり賞味期限のないものや賞味期限の長いものを選ぶのが多いですね。

返しをする際の品物の金額は、頂いた際は3~5割を目安にお返しをするのがベストです。

 

お返しを専門としたカタログやホームページを参考にすると選びやすいで。

もし、忙しくて選びに行く時間がない方は、お葬儀屋さんに相談するのも手です。

 

葬儀屋の方でギフト会社を教えてくれるので迷うこと無く選んでくれます。

お返しをする際は、出来るだけ物持ちがいいものを選ぶと良いでしょう。

 

供花のお返しをする時の注意点は?

葬式で頂いた供花のお返しは何を贈るべき?

葬式に供花を頂いた後のお返しで気をつけるポイントは、供花であっても必ずお返しをする事です。

相手側がお返しを求めない場合でもお礼状くらいは出しましょう。

供花のお礼は急いでする必要はないものの、四十九日の忌明けまでに送るのがマナーです。

 

四十九日を過ぎてからのお返しはマナーにハンするので、もし間に合わなかったり、遅くなってしまった場合など以外では、しっかり日にちを守って送りましょう。

もし、遅くなってしまった場合は送り状に遅くなった事を一言添えて送りましょう。

 

また、いくら供花のお礼状とはいえ、年明けのおめでたい時期は送るのを避けます。

もし年末年始に亡くなった場合は、松の内とされる1/1~1/7を過ぎてからお礼状が届くようにしましょう。

 

供花に対するお礼の品は、香典返しの時と同じく、少し多めの数を用意しておきましょう。

葬儀後に直接弔問に訪れる人や、お供えを送ってくださる人もいるので予備があるほうがすぐに対応できるからです。

 



スポンサーリンク

 

供花のお返しに相応しくないものは?

葬式で頂いた供花のお返しは何を贈るべき?

お返しは頂いた方々に感謝の気持ちをあらわすことは大事ですが、感謝の気持ちがあれば引き出物は何でも良いというわけではありません。

品物によっては縁起が悪い物として扱われるケースもあります。

 

上記であげたように、お返しは後に残らないものが良いとされています。

お返しに相応しくないものの例を挙げると、昆布や鰹節のようなギフトはNGとされています。

お茶や海苔、砂糖のギフトが相応しくて、何故、昆布や鰹節がダメなのかと疑問に思われるかもしれませんが、理由は結婚式の時に結納品とされる縁起物だからです。

 

結納品としての昆布や鰹節の意味は、ゲン担ぎの意味が込められているので葬式には適さない品物です。

お酒・ビール類もNGです。

これもお祝い事を連想させるので避けた方が無難です。

 

日本酒やビールの詰め合わせ等は、それなりに重量があるので持ち運びしにくいというのも理由ではあります。

冷蔵品・冷凍品も季節柄痛みやすいものなので、お返しに相応しくありません。

 

金券も控えた方がいいです。

金券は金額が分かってしまうので、相手側に失礼に当たってしまうので辞めましょう。

 

まとめ

葬式で頂いた供花のお返しは何を贈るべき?

今回は、今回は葬式で頂いた供花のお返しは何を贈るべきなのか見ていきました。

お返しにもちゃんとしたマナーがありましたね。

お返しは気持ちの表れだとしても相手の気持ちになって品物を選んであげたいものです。

 

しかし、お返しに相応しくないものも存在するのでお返しのマナーを少しでも知っておくことも大切なのではないでしょうか。

時代と共に、故人を偲ぶ場は変わっていくこともありますが、故人を偲ぶために集まって頂いた方々への感謝とマナーを守る心がけは忘れないでいたいものです。

もし、お返しに迷った時は、この記事を読んで参考にして頂ければ幸いです。

 



スポンサーリンク