髪型

葬式(葬儀)に参列する時に相応しい男性の髪型は?

葬式(葬儀)に参列する時に相応しい男性の髪型は?

大人になると出席する事が多くなるお葬式。

お葬式に参列するのはいいがマナーが沢山あって大変ですね。

服装などにはマナーがあるが、髪型にはマナーはあるのか分からない方は多いと思います。

 

男性の方は短い髪型が多いと思うので葬式に参列した時、髪型をどうしたらいいのか悩んでしまいますよね。

そこで今回は、男性の髪型に着目して葬式に参列する時に相応しい男性の髪型をお伝えしていきます。

 



スポンサーリンク

 

葬式に参列する時にNGな髪型は?

葬式(葬儀)に参列する時に相応しい男性の髪型は?

お葬式に参列する時に、皆さん服装から身なりはきちんと整えて来られると思います。

身なりは服装だけではなく、意外に髪型も周りから見られている事が多いのです。

人の目がいく場所に顔の次にと言っていいほど髪型に目がいくもので、それくらい男性にも髪型が重要なのです。

 

お葬式に参列する時はまず清潔に見える事が第一なので、清潔感が無い髪型はNGです。

清潔に見せる為に短髪の場合は耳を出したスタイルにします。

耳が出ていて清潔感のある髪型です。

 

男性の中で髪型をセットする時にワックスやジェルを使う方もいるかと思いますが、葬式ではワックスやジェルであまり髪型を決めないでいくのがマナーです。

まとめるために使うのはいいのですが、毛先を立たせたり、遊ばせたりするのはあまり良くない印象を与えます。

 

そして、ワックスやジェルをつけすぎるのも良くないです。

男性の中でポマードなどでテカテカに髪型を決めて来る方もいますがこれも葬式ではNGです。

使う場合はテカテカにならないくらいにとどめます。

 

顔にかかる前髪もあまり長くなく、目に入らないくらいの長さにする方が清潔感がでます。

男性の場合は清潔感が女性より求められる場合が多いので葬式に見合った髪型を心がけましょう。

 



スポンサーリンク

 

葬式に参列する時に相応しい男性の髪型は?

葬式(葬儀)に参列する時に相応しい男性の髪型は?

先ほどは葬式にNGな髪型を見てきました。

逆に相応しい髪型を項目別に見ていきます。

 

前髪について

先ほども出てきた通り前髪は、長くなく目にかからないくらいの長さが望ましいです。

清潔感が第一なので、顔にかかる前髪はなおさら清潔に見えないといけません。

これは女性にも言えることです。

 

目にかかるくらいの前髪にしておくと印象が暗い人の印象を受けやすくなってしまいます。

長い前髪の方は、葬式に参列する前に目にかからない適度な長さにカットしておきましょう。

 

どうしても前髪をカットしたく無い場合は、ワックスやジェルを使って前髪を横に流し、おでこが見えるようにすると清潔感が出るので対策をしましょう。

 

髪色について

髪色も葬式の参列する時は見られるポイントです。

大体の方は服装などをお葬式に合わせて黒で統一してきます。

男性の場合は染めていない方も中にはいますが、黒髪が一番清潔に見える髪型の代表的な色なので出来るだけ黒をお勧めします。

 

金髪の髪色は葬式マナーとしてNGな髪型なので論外です。

茶髪でも絶対NGではないですが、あまり好まれません。

マナー的にはNGには入ってしまいます。女性もしかりです。

 

もし、あまりにも明るすぎるなと感じた場合はヘアスプレーや美容院で黒く染めてみてはいかがでしょうか。

 

長さについて

髪型の長さは上記でも述べた通り、耳を出したスタイルが好ましいです。

一番いい髪型はショートスタイルです。

短ければ短いほど清潔感は出てきますので、耳が出てて、前髪が目にかからないくらい襟足が短いショートくらいが望ましいです。

 

最近は男性でも髪型を伸ばしている方も多くいらっしゃいます。

 

清潔感が出ていればいいのですが、中には清潔に見えないと思われる方もいらっしゃるのでマナー的に、髪が長い男性はオールバックにして後ろをゴムでまとめるセット方法が一番マナー的に問題ないと思います。

 

ゴムの色はもちろん黒を選びます。

葬式マナーに見合った髪型をしていきましょう。

 

パーマやヘアアレンジについて

パーマやヘアアレンジをおしゃれでされている方も男性では多くいると思います。

髪型がまた華やかになって格好良く決まった髪型になるので美容室や理容室でやっている所も多いと思います。

 

ですが、実は葬式マナーとしてはパーマはNGな髪型なのです。

どうしてもパーマやヘアアレンジというのは、髪型が変わるため相手に華やかな印象を与えてしまう髪型なので葬式にはNGです。

 

もし、パーマなどをされている方は葬儀に参列するときに整髪料やヘアスプレーを使用して一時的にストレートに戻してから参列しましょう。

もしも、パーマが戻りづらい方は少しまとめるくらいのスタイルに留めて、清潔感を出しましょう。

 

ワックスやジェルについて

これも上記で述べた通りワックスやジェルを使うのはNGではありません。

ワックスやジェルなどを使ってテカテカにするくらい使う髪型にするのはマナー的にNGになります。

 

あと、ワックスやジェルを使って大げさに毛先を立たせたり、遊ばせたりする髪型を作るのもNGです。

ワックスやジェルを使う場合、まとめた清潔な髪型にするのが理想です。

 

また、香料の強いワックスやジェルもNGなので、ワックスやジェルを使用してセットする場合は無香料のワックスを使用しましょう。

 

葬式に参列する時に男性の髭はどうするべきか?

葬式(葬儀)に参列する時に相応しい男性の髪型は?

男性の中には髭を好んで伸ばしている方も多くいると思います。

この髭は葬式に参列する時にはどうするべきか気になる所です。

この髭もマナー違反とまではいいませんが、清潔に見えないことから伸ばしていくことがあまりマナーとして良くない傾向になっています。

 

清潔に見えるのであればいいのですが、どうしても無精にみえてしまう場合が髭を伸ばしていると多いので整えていくか、剃って綺麗にしていくのがマナーです。

周りから陰口を叩かれずにすみます。

お葬式は派手な装いは好ましくない場所ではあるので、個人で考えて行動しましょう。

 

まとめ

葬式(葬儀)に参列する時に相応しい男性の髪型は?

今回は、葬式に参列する時に相応しい男性の髪型について見ていきました。

葬式は基本遺族側より目立ってはいけない場所です。

 

そして、服装や髪型などは人の目につきやすいものです。

特に、男性の場合はどうしても女性より葬式では清潔感が求められてしまいます。

 

葬式でどのような髪型がいいのか、ワックスやジェルなどは使っていいのか、髪色はどうしたらいいのかこの記事を読んで分かっていただけたと思います。

万人が清潔であると思える髪型が理想であると思いますので、お葬式に参列する際の参考にして頂けたらと思います。

葬式いかれる方は葬式マナーを守っていって頂きたいと思います。

 



スポンサーリンク