髪型

葬式に参列する時のミディアムヘアアレンジは?

葬式に参列する時のミディアムヘアアレンジは?

お葬式に参列すると色々と葬式ならではのマナーがあって何かと気を遣いますよね。

マナーを守らないと周りからの視線が気になりますし、相手側にも不快な思いをさせてしまう場合があるかもしれないです。

 

葬式マナーの中に身なりは大きく関わってくると思いますが、女性の場合は髪型も気になるポイントだと思います。

ショートの方はいいですが、ミディアムの方は髪型をどうしたらいいのか悩みますよね。

 

そこで今回は、葬式に参列する時のミディアムヘアアレンジについて見ていきます。

 



スポンサーリンク

 

ミディアムヘアーの女性が葬式の髪型で気をつけるべき点は?

葬式に参列する時のミディアムヘアアレンジは?

女性は髪型で気をつけるポイントを見ていきます。

 

前髪について

お葬式に行く場合、まず髪型で求められているのは清潔感と派手ではない事です。

前髪は特に清潔感が出る場所であるので、清潔感を出すように目より上の長さにしておくことをお勧めします。

目より上の長さにしておくことで目にかかることもなく邪魔になりません。

 

お辞儀をした際にかきあげたり、直したりする姿は相手にもあまり印象がよくないです。

 

女性の場合は前髪で印象が左右されるため、あまり短く切りたくない方が多いと思いますが、その際はピンなどでとめるか、ワックスやスプレーで邪魔にならないようにしておくといいです。

 

急なお葬式の際は、手元にワックスやスプレーが無い場合があるかと思いますので、黒ピンなどを日頃から準備しておかれてはいかがでしょうか。

 

髪色について

お葬式の際は髪色も重要な葬式マナーの一つです。

第一に葬式マナーとして髪色は原則、黒色です。

葬式は派手な色を控えなければいけないので、明るく派手な髪色にされている方は葬式に参列することになったら美容院や市販のヘアカラーで黒色に染めるのをお勧めします。

 

しかし、現代髪色を黒にしている方の方が少ないので、自然に見えるダークブラウンなどの色ならばそのままでもOKです。

あまりにも明るい髪だが、黒く染めたくないという方は、市販でも黒く出来る1dayスプレーが販売されているので使ってみてもいいのではないでしょうか。

 

パーマやヘアアレンジについて

実はパーマは葬式にはNGなんです。

パーマはどうしても華やかな印象を与えてしまいがちなので、お葬式にはふさわしくありません。

 

なかなか急にパーマをどうにか出来ないと思いますので、その際はロングの場合は分からないようにまとめ髪にしてしまったり、スタイリング剤やアイロンなどでストレートになるように目立たないようにします。

 

ヘアアレンジも、アレンジ次第で華やかに見えてしまうので注意が必要です。

 

ロングヘアーやミディアムヘアの場合、長さが長い場合はまとめた方がいいのでその時アレンジをすると思うのですが、派手にならないように出来るだけ襟足にまとめるようなスタイルだとお葬式にも使えるものがあると思いますのでチェックしましょう。

 

ヘアアクセについて

ヘアアレンジをする際に用いるヘアアクセもマナーがあります。

ヘアアクセには必ず黒を使用します。

むしろヘアアクセは使わなくてもいいので黒いゴムだけでもいいです。

 

もし髪を留めるヘアゴムやバレッタを使う場合は、ツヤの目立たないマットな質感のシンプルなものを使用します。

どうしても飾りのあるヘアアクセを使いたい場合は小さなパールがついたさりげないものならOKです。

 

ですが、あまり使わない事をお勧めします。

シュシュやカチューシャはカジュアルな印象を与えるため、黒いものでも使わないようにします。

 

特に、気をつけるのが、子供のヘアアレンジをした時です。

子供ならいいかと黒色以外のアクセを使うとマナー違反になってしまうので、子供のヘアアレンジをする際も使うヘアアクセは出来るだけ黒を使うようにします。

 

葬式に参列する時のミディアムヘアアレンジは?

葬式に参列する時のミディアムヘアアレンジは?

ヘアアレンジをする際にお勧めのまとめ髪を紹介します。

 

ミディアムヘアの場合

ミディアムヘアの場合は髪の長さが中途半端なのでどうしたらいいのか迷いますよね。

ミディアムヘアもそのまま下ろしているとどうしても邪魔になってしまい、マナーに反してしまう場合があります。

 

もし、簡単にまとめたい場合は、お団子ネットを使って襟足付近にまとめましょう。

1つアレンジスタイルを紹介します。

 

手順

  1. 髪全体にワックスをつけてブラッシングし、ワックスを馴染ませます。
  2. 襟足部分で髪を黒いゴムでひとつにまとめます。毛束をすべてゴムに通さないで半分位を折って毛先を上に出しましょう。
  3. トップの髪を地肌から少しだけゆるめます。
  4. ゴムを通したお団子の部分にゴムを開きながら内側に毛先と一緒に入れていきます。
  5. 髪が全部入ったらUの字になるように形を整えて、左右から黒のバレッタを通して留めます。完成!

 

ボブの場合

ボブの場合は、ミディアムヘアやロングより長さが短い分、そのままのスタイルでも葬式に参列出来るスタイルではあります。

中にはパーマなどをかけて華やかにしている方も中にはいらっしゃるかと思いますので、その際はアイロンなどでストレート気味にしておくことをお勧めします。

 

肩上だが少し邪魔になりそうな髪の長さの場合は、耳から上の髪を後ろに束ねるだけでもいいと思います。

ボブ自体は清潔感が他の髪型よりありますので楽ではあると思います。

 



スポンサーリンク

 

葬式で絶対にやってはいけないNGなヘアアレンジは?

葬式に参列する時のミディアムヘアアレンジは?

葬式では絶対に派手な髪型にしてはいけません。

ヘアアレンジにも種類が沢山あるかと思いますが、見た時に派手に見えるヘアアレンジはまずNGです。

ヘアアレンジを耳より上めに作るアレンジもNGです。

 

派手に見えやすくなってしまいます。

和装などでよくする夜会巻きなどはOKです。

 

基本的には耳より下にヘアアレンジをするように心がけましょう。

髪が長い方は下ろしたスタイルもしたいと思いますが、下ろしたスタイルもNGです。

 

葬儀では頭を下げる場面が多いため、長い髪を垂らしたままだとろうそくの火に掠めてしまったり、顔の前方にだらりと垂れてその都度さっと髪を払わなければならなかったりと邪魔になることが多いので基本的にまとめたスタイルにします。

 

ヘアアレンジをした際に使う方もいると思いますが、整髪料もマナーがあります。

整髪料を使ってアレンジをするのはOKなのですが、整髪料の中には香料が含まれているものもあるのでそれを用いるのはNGとなります。

あまり香料の少ない整髪料を使いましょう。

 

まとめ

今回は、葬式に参列する時のミディアムヘアアレンジについて見ていきました。

ミディアムヘアの方は微妙な長さの方が多いので、どうしていいのか迷ってしまう場合が多いです。

 

ですが、葬式は基本長い場合は結んだ方がマナーとして正しいので、1つに結ぶだけでもいいと思います。

葬式は派手にしない事が一番ですが、1つに結ぶだけではイヤという方は上記のヘアアレンジを参考にしてみて下さい。

 

どうしても長さが足りずにミディアムヘアなどは出来るヘアアレンジが限られてきてしまうので、アレンジもしてみてもいいと思います。

皆さんの参考になれば幸いです。

 



スポンサーリンク