供花

葬式で供花・花輪を贈る時のマナーや金額の相場は?

葬式で供花・花輪を贈る時のマナーや金額の相場は?

葬式があった時、香典を持って行く場合が多いが故人と親しい間柄などの場合に花を贈りたいと思う方もいらっしゃると思います。

供花や花輪が飾ってあるのは葬式に行くとよく見かけますが、供花や花輪などはどうやって贈ったらいいのか贈る時にマナーなどはあるのでしょうか。

 

そして、供花や花輪の金額はどれくらいのものにしたらいいのでしょうか。

 

そこで今回は、そんな謎が多い葬式で供花・花輪を贈る時のマナーや金額の相場を見ていきたいと思います。

 



スポンサーリンク

 

葬式に贈る供花・花輪は宗教によって違う?

葬式で供花・花輪を贈る時のマナーや金額の相場は?

葬式に贈る供花・花輪は宗教によってだいぶ違いが出てきます。

その違いを見ていきます。

 

仏教

仏教で供花として送る場合、どのような規模の会場でも利用しやすいように籠盛りにしたフラワーアレンジメントが一般的となっています。

供花などに使われる花には、基本的に生花で菊やカーネーション、ユリ、デンファレなどが一般的で、高級感を出すのに胡蝶蘭を入れることもあります。

 

色は、白をベースに薄いピンクなど落ち着いた雰囲気に仕上げます。

 

また、地域や宗派によっても違いがあり、関西地方の仏葬は、樒(しきみ)という細長く白い花を用いる習慣が存在します。

その他、最近では生花に変わって、ブリザードフラワーという生花に似ている造花を使うこともあります。

 

キリスト教

キリスト教の場合、スタンドフラワーや花輪などを供花として用いることはありません。

キリスト教の花の意味合いとして、故人の霊前に供える花でなく、遺族への慰めとして送ります。

造花ではなく生花を用い、籠盛のようなフラワーアレンジメントを用いることが多いです。

 

また、キリスト教の葬儀は主に礼拝するという意味合いのため、生花に名札はつけません。

名札がついていても花からは外して芳名板に並べて置きます。

 

また、教会ではなく個人の自宅に送るのが一般的です。

使用する花の種類は、洋花が中心となり、仏教や神道で使用される白菊は使われません。

 

同じ菊でも小菊やスプレー菊など小ぶりのものを使用するのが一般的です。

この他にもカーネンションやユリを使用することが多く、白い花に限らず色花も使われます。

 

神道

神道では、基本的に送り方は仏教の場合と変わりません。

籠盛り、フラワースタンドなどが多く生花を使用しています。

かつては神道で榊(さかき)が送られていましたが、現代では喪主である祭主が榊を供え、それ以外の方が花を供えることが一般的です。

 

花の種類は、白い菊が使われることがほとんどですが、ユリの花も使われ、白をベースとしたシンプルな色合いで供えられます。

仏教のように胡蝶蘭などを飾ることはあまりみられません。

 

葬式で供花・花輪を贈る時のマナーは?

葬式で供花・花輪を贈る時のマナーや金額の相場は?

葬式に行くと供花や花輪をよく目にする事があります。

その供花や花輪を贈る時にはマナーがあるのをご存じでしょうか。

 

供花を送る場合、まずは遺族の了承を得ることから始めます。

 

近年よくあるケースとして、葬儀に参列できないからと遺族の了承なしに香典の変わりに供花を手配したものの、遺族から辞退されてしまったということがありますので必ず遺族に確認してから贈ります。

 

そして、上記でもあげたように、宗教によって飾る花には違いがあります。

故人の葬式がどの宗教なのか確認をしてから供花や花輪を贈りましょう。

 

遺族の了承を得たら、次に斎場に確認し、葬儀を担当する葬儀社に供花の依頼をします。

 

ここで注意したいのが、供花は個人で送る場合と団体(連名や会社名義など)で送る場合とでは、供花として扱う花や飾りつけに違いがあることです。

送り主は名義や故人との関係性をハッキリと提示することが大切です。

 

供花や供物は、多くは通夜当日の午前中から祭壇を飾り付けはじめるので、間に合うように手配を行います。

 



スポンサーリンク

 

供花・花輪の金額相場は?

葬式で供花・花輪を贈る時のマナーや金額の相場は?

供花や花輪の値段の相場は、7,000円~20,000円になります。

供花料(お花代)の価格の幅は、どのようなタイプの供花を送るのかによって違いがあります。

 

祭壇ではなく斎場の中に飾られる大きな供花は、生花で一基が15,000円~20,000円

1対(2基)で送る場合は1基の値段の倍となります。

 

斎場の外や入り口に飾られている花輪は、15,000円~20,000円

祭壇の周りに飾られる盛籠(かご花)は、7,000円~20,000円くらいの相場です。

 

後はその大きさによって金額が変わります。

中には2基で50000円程するものもありますので、贈る時は考えて贈りましょう。

立札の名前の入れ方も沢山あるので、自分で入れたい立札を選べます。

 

供花を会社や親族などグループで送った時は、香典は各々で包むケースが多いです。

本来、供物や供花は香典と同じ意味合いを持つものとされてきた意味あいから、供花と香典どちらか一方でよいという考え方もあります。

 

しかし、一般的には故人と親しい間柄や近親者の場合は、供花と香典の両方を贈ることは珍しくありません。

どちらも遺族の負担にならない配慮をすることが大切です。

 

供花・花輪を贈るタイミングは?

葬式で供花・花輪を贈る時のマナーや金額の相場は?

供花や花輪を贈るタイミングは、お通夜の前に祭壇に飾っていただくため、 送ることがきまったらなるべく早く依頼をしましょう。

多くは通夜当日の午前中から祭壇を飾り付けはじめるので、間に合うように手配する方が多いです。

遅くとも通夜が始まる約3~4時間前あたりを目処に葬儀を担当している葬儀社に依頼しなければ間に合わない場合がありますので注意が必要です。

 

仏式の場合は、葬儀社が遺族の意向を受けて、供花の依頼を取りまとめて、手配をするケースが多いですから、通夜と葬儀(告別式)が同じ場所で行なわれる場合は、葬儀を担当している葬儀社に対して遅くとも通夜開始時刻の3時間前までに依頼をいたします。

 

通夜と葬儀(告別式)が別の場所で行なわれるときは、葬儀(告別式)にお届けします。

葬儀(告別式)開始時刻の3時間前までに葬儀社に依頼をしましょう。

 

万が一、お通夜の席に供花を送るのが間に合わなかった場合は、葬儀を終えた後、自宅に飾る祭壇用として送る方法をとると良いです。

その場合は、四十九日までに送るようにしましょう。

 

まとめ

葬式で供花・花輪を贈る時のマナーや金額の相場は?

今回は、葬式で供花・花輪を贈る時のマナーや金額の相場を見ていきました。

供花や花輪を贈る時もマナーがあることが分かりました。

宗教によって飾る花も変わってくるので、もし贈る際には注意が必要です。

 

最近は、故人を送る際にしめやかに行なわれる事が多くなり、供花や花輪を贈る方も少なくなっています。

華やかにまではいきませんが、故人とのお別れに供花や花輪を贈るのも、故人が喜ぶ1つになるのではないでしょうか。

贈る時にはマナーに注意して故人の最後に寄り添うお花に、これまでの感謝を込めて送りたいですね。

 



スポンサーリンク