服装

葬式マナーとして服装は何を着るべき?

葬式マナーとして服装は何を着るべき?

お葬式などに参加するたびに気になるのが、服装などの葬式マナー。

あまり喪服など着慣れていないとマナーも分からず、行った先々で相手側に失礼なマナーをしてしまい、不快な思いをさせてしまうこともあるかと思います。

 

服装はどんなのを着て、どんなものを身につけるのかという悩みも行く度に出てくるものです。

そこで今回は、葬式マナーとして服装は何を着るべきなのかについて解説しています!

 



スポンサーリンク

 

葬式に参加する前に知っておきたい服装のマナー

葬式マナーとして服装は何を着るべき?

お葬式に参加する時にまず気をつけるのが正装や略式の服装です。

これを間違ってしまっては葬式マナーに違反してしまうので気をつけましょう。

 

1:正喪服・準喪服・略式の違いについて

葬式に参列する際に着るものと言えば喪服を思い浮かべますが、喪服でも着るもの着る人によって格式が違います。

まず、格式の中の第一礼装にあたるのが、正喪服と呼ばれる喪主や遺族など主催する側が着用する正装です。

遺族らが着用するものの多くは和装を着用する場合が多いです。

 

よく遺族側が和装を目にする事が多いと思います。

その次に準礼装にあたるのが喪主や遺族、参列者が多く着るスーツなどの正装です。

最後に略喪服にあたるのが急遽駆けつけた時や三回忌以降の法要などに着用するスーツやワンピースなどの服装です。

 

喪服といっても格式があるのでチェックしましょう。

 

2:弔事の場にふさわしくないもの

参列する時に気をつけるポイントがその場にふさわしくないマナーもある事です。

特に、女性に多いマナーですが、肌を露出した服装にしない、派手な化粧や香水は避けます。

葬式の時に身につけるアクセサリーは出来るだけ光沢のあるものは避けます。

 

パールや結婚指輪以外は極力しないようにします。

毛皮や皮製品でもワニ柄やヘビ柄はふさわしくありません。

このように気をつけるポイントを押さえておきましょう。

 

葬式に参加する時の男性の服装は?

葬式マナーとして服装は何を着るべき?

お葬式に参加する男性の服装は、正喪服の和装なら黒紋付き羽織袴、洋装ならモーニングコートになります。

準喪服ならブラックスーツになります。

遺族側でも喪主じゃない遺族ならブラックスーツでも大丈夫です。

 

一般的にはスーツと白いワイシャツを着用し、ネクタイは黒無地でタイピンはつけません。

ベルト、靴下、靴なども全て黒で統一します。

靴は光沢のある靴は避けるようにします。

 

ポケットチーフは基本的にはつけないですが、黒無地なら大丈夫です。

身につけるものとしては、結婚指輪と腕時計以外は控えます。

アクセサリー類も身につけないようにします。

 

スーツはシングルスーツとダブルスーツがありますがどちらでも大丈夫です。

ベストなどもありますが、出来るだけ着用しない事をお勧めします。

多くの男性が所持しているビジネススーツとブラックスーツは違うスーツになるので間違えないようにします。

 

ブラックスーツは光沢がないスーツです。

ブラックスーツのズボンの裾も注意が必要です。

裾はシングルを選びます。

 

ダブルは折り返し=繰り返すことを連想させることから避けられているのです。

あと、よくジャケットの裾にセンターベントが入ったスーツがありますが喪服の際のスーツはノーベントを選びます。

 



スポンサーリンク

 

葬式に参加する時の女性の服装は?

葬式マナーとして服装は何を着るべき?

お葬式に参加する女性の服装は、正喪服の和装なら染め抜き日向紋の黒無地、洋装なら黒を基調としたアフタヌーンドレスやワンピース、アンサンブルになります。

準喪服なら黒のワンピースかスーツで肌を露出しない服装を選びます。

服やバック、靴などはできるだけ黒で光沢のない布ものにします。

 

靴は出来るだけシンプルな布製を選びます。

多くの女性はパンプスを履いていきますが、あまり高いパンプスではなく足が疲れない程度の高さのパンプスにしましょう。

スカート丈は膝が隠れる程度の長さを選びます。

 

寒い場合はコートを羽織りますが、コートもカジュアルではなくて控えめな色のコートを選びます。

会場に入る前に脱ぎましょう。

一番気になるストッキングは、お葬式では黒の無地ストッキングにします。

 

タイツはカジュアルに見えてしまうのでお勧めしません。

肌色のストッキングを履いている方もいますが、出来るだけお通夜の時にしましょう。

メイクはナチュラルメイクを心がけます。

 

ノーメイクは失礼に当たるので、控えめにするといいでしょう。

アクセサリーは出来るだけ結婚指輪以外は控えた方がいいです。

つける場合は白か黒のパールのネックレスにしましょう。

 

ネックレスも1連を選び、何連にもなっているネックレスは避けるようにします。

 

葬式に参加する時の子供の服装は?

葬式マナーとして服装は何を着るべき?

お葬式に参加する子供の服装は、子供だからといい喪服を着用しなくても良いです。

持っていないご家庭が多く、子供はどうしても成長と共に着れなくなってしまう場合が多いので中学生や高校生であれば制服が無難です。

一応子供用の喪服は存在します。

 

幼児はブレザーなどがあればブレザーを着用します。

ない場合は白のブラウスかシャツに紺のセーターや紺のスカートかズボンを選びます。

靴下には白を選びます。

 

黒の服があればそちらを選びますが、出来るだけ派手な服は選ばないようにしましょう。

服自体もシンプルな服にします。

黒の服装でも光沢のあるものは避け、何かロゴなどが入っているもの、アニマル柄はNGです。

 

服装の生地でフリースやナイロンの生地はカジュアルな印象を与えてしまうので、極力さけた方がいいです。

ネクタイやリボンは基本的につけなくていいです。

もし取り外せるものならば取り外しておきます。

 

子供の服で一番悩むのが靴ですが、黒の靴があればいいのですが、ない場合は派手な色や柄物を避け、サンダルなども控えます。

ない場合は運動靴などを履かせます。

 

葬式で着てはいけない服装とは?

葬式マナーとして服装は何を着るべき?

お葬式は一般的にフォーマルな服装が求められます。

普段のカジュアルな服装は避けましょう。

男性ならばブラックスーツが準喪服なので、できるだけリクルートスーツのようなスーツは選ばないように心がけます。

 

女性の服装もワンピースなどの軽装も良いとはなっていますが、基調は黒であまり露出のないものを選び着ていく事がマナーです。

 

葬式の服装マナーのまとめ

葬式マナーとして服装は何を着るべき?

今回は葬式の服装マナーについて見ていきました。

葬式マナーも分かっているようで、分からなかったり、曖昧な記憶の方もいると思います。

そこで知識が無く服装マナーがなっていなくて恥をかいたり、相手側に不快な思いをさせるのはよくないです。

 

主催側としても今回のマナーは知っておいていい内容だと思います。

葬式マナーの前提としては相手側に不快な思いをさせない格好が望まれます。

しっかりマナーを守ってちゃんとした格好で参加しましょう。

 

社会人としてちゃんとしたマナーで参加したいものですね。

 



スポンサーリンク