葬式に履いていく靴としては何がいいのか?メンズ・レディースでそれぞれご紹介!

葬式に履いていく靴としては何がいいのか?メンズ・レディースでそれぞれご紹介!

皆さん、お葬式に参列することになり、どのような靴を履けば良いのか悩んでいませんか?

どのような靴を履いていけばいいのか、メンズ・レディースは葬式に履いていく靴にマナーはあるのか、知らない方もいるかと思います。

 

葬式に行く時は、恥をかきたくないので出来るだけマナーを守って行きたいです。

 

そこで今回は、葬式に履いていく靴は何がいいのか、またメンズ・レディースはどんなマナーがあるのか見ていきたいと思います。

 



スポンサーリンク

 

葬式に履いていく靴として金具のついているものはNG?

葬式に履いていく靴としては何がいいのか?メンズ・レディースでそれぞれご紹介!

お葬式に参列する際に男性なら革靴、女性ならパンプスなどを選ばれる方が多いと思います。

 

しかし、葬式には一般的に黒無地を選ぶのがマナーですが、金具などの金属類や光沢のあるものがついたものは葬式には相応しくありません

黒色だと一見大丈夫だと思われますが、葬式は派手に見えるもの、目立つものは基本NGです。

服装にもあるように、金具や光り物は身につけてはいけません。

 

靴も同じマナーですので、もし葬式に行く時に履いていく靴に光り物がついていた場合は、履かないようにしましょう。

どうしても無い場合は、金具がとれれば取っていくと良いです。

 

靴ひもを通す穴に金具の装飾が施されている靴も、カジュアル寄りのデザインになりますので、避けたほうが無難でしょう。

子供の靴も迷われる方は多いと思いますが、基本は派手なもの光り物はNGです。

子供の場合は大人みたいな靴は持ち合わせていないので、その時は葬式に見合う靴を臨機応変に対応しましょう。

 

葬式に相応しいメンズの靴は?

葬式に履いていく靴としては何がいいのか?メンズ・レディースでそれぞれご紹介!

葬式に履いていく靴は、喪服に合わせて黒い靴を選びます。

男性の靴選びのポイントは素材とデザインです。

最もふさわしいデザインは内羽根のストレートチップ(つま先に横一文字のラインが入ったデザイン)です。

 

内羽根は紐を解いても羽根が全開にならないことから見た目に清潔感があるためフォーマルとして使用されています。

素材は合成皮革か本革を選びましょう。

ポリエステルなどの布製の靴でも大丈夫です。

 

光沢があまりない黒が落ち着いて見えるので、葬式には相応しい色です。

デザインにおいてのポイントは、つま先の形と靴ひもの部分でフォーマルに相応しいかが違います。

 

ストレートチップの場合は、メダリオン(穴飾り)がない方がよりフォーマルに相応しい靴になります。

同じくプレーントゥ(つま先にラインのないデザイン)もフォーマルの代表とされているため、いずれかを選択するのが良いでしょう。

スリッポンのように靴ひもがないタイプの靴もカジュアルではなくシンプルで甲を覆ったデザインの靴であれば大丈夫です。

 

葬式に相応しいレディーズの靴は?

葬式に履いていく靴としては何がいいのか?メンズ・レディースでそれぞれご紹介!

女性の葬式の靴は、喪服のデザイン問わずシンプルなパンプスがおすすめです。

ヒールは高すぎず、太めのもので、素材は布製・ポリエステル・合成皮革・本革でツヤのないものを選ぶと良いでしょう。

 

気に掛けた方がいいのは、その色でしょう。

黒色を選ぶのはもちろんですが、その黒が薄い黒だったり光沢があるものは葬式に相応しくありません。

濃い落ち着いた黒を選びましょう。

 

ストラップ付きでも良いのですが、金具が目立たないものに限ります。

履き口が浅すぎず深すぎず、ヒールも細くなく安定した形のものが葬式に相応しい靴です。

 

喪服用に作られた靴は中敷も黒がほとんどですが、日常でも使える靴は中敷が明るい色の場合もあります。

中敷まではマナーを問われませんが、気になるようなら黒の中敷を入れるとよいでしょう。

 

つま先のデザインは、つま先が隠れたデザインの靴が相応しいことは男性と同じです。

女性の靴の場合はつま先の型によってフォーマルに相応しいかが決まります。

 

葬式に相応しい子供の靴は?

葬式に履いていく靴としては何がいいのか?メンズ・レディースでそれぞれご紹介!

葬式で子供に履かせる靴は、大人とは違い、フォーマルではない靴を履いていてもマナー違反と言われることはありません。

 

しかし、あまりに常識から外れた色やデザインの靴を履いていると、それを選んだ親の責任になりますので注意しましょう。

年齢層によっても変わってきます。

中学生や高校生で葬式に制服で列席する場合は、日常で履いている黒の靴があればそれを履けばよいでしょう。

 

大人の場合、ローファーは避けた方がいいですが、学生の制服の場合はローファーでも問題ありません。

できれば黒がいいですが、こげ茶色でも大丈夫です。

 

小学生の子供の場合は、黒で服装を揃え靴もできれば黒を用意しましょう。

革靴などではなく、スニーカータイプでも大丈夫です。

幼い子供の場合はそこまで靴のマナーを問われることはありません。

 

よほど格式重視の場合でなければ黒でなくても大丈夫ですが、カラフルでないものやデザインが華美でないものを選んだ方が無難でしょう。

 



スポンサーリンク

 

葬式のマナーに相応しい靴下の色は?

葬式に履いていく靴としては何がいいのか?メンズ・レディースでそれぞれご紹介!

意外に見られているのが足元です。

靴下やストッキングなども重要なマナーの一つです。

 

男性は靴下を履きます。

靴下も靴と同じくがいいでしょう。

 

しかし、いくら黒だからといって、短いくるぶしソックスはNGです。

長さのある黒い靴下は1枚は持って置くと良いですね。

女性はスカートの方が多いと思うのでストッキングを履きます。

 

ストッキングの場合も靴と同じ黒を選びましょう。

ストッキングも色々ありますが、60デニール以下のストッキングにします。

少し素肌が透けるくらいのストッキングにし、あまり厚手のものにしないようにします。

 

タイツもありますが、タイツは基本マナーとしてNGなので選ばないようにしましょう。

どうしても寒い時や、お年寄り、妊婦など冷やしてはいけない場合などはタイツを着用していい場合がありますが、基本ストッキングです。

中には肌色のストッキングを選ばれる方も居ますが、肌色のストッキングを使えるのも通夜だけなので黒を選びましょう。

 

まとめ

葬式に履いていく靴としては何がいいのか?メンズ・レディースでそれぞれご紹介!

今回は、葬式に履いていく靴は何がいいのか、またメンズ、レディースはどんなマナーがあるのか見ていきました。

以外にも足元は見られています。

男性、女性においても靴や靴下を選ぶ際は、黒を選ばないといけません。

 

そして、派手なものはいけないので出来るだけ無地でなければいけません。

いつ急に葬式が来るかわかりません。

その時の為にしっかりお葬式のマナーを覚えて置き、恥をかかないようにしましょう。

 

靴や靴下は日頃から用意しておいてよいですね。

黒いシンプルな靴を1足持っているとさまざまな場面で役に立ちますよ。

 



スポンサーリンク