葬式の費用を安くする方法

お葬式の費用がない!安くする方法はあるのか?

お葬式の費用がない!安くする方法はあるのか?

お葬式というのは準備するものが沢山あって何かとお金がかかりますよね。

お葬式を1回行なうのに大きなお金が動くイメージがある方が多いと思います。

 

でも、どれくらいのお金がかかるのか知らない方は多いと思います。

お金がかかるお葬式などの費用も何とか安くならないのか知りたいですよね。

 

そこで今回は、お葬式の費用を安くする方法をお葬式のお金がどれくらいかかるのかも踏まえてお伝えしていきます。

 



スポンサーリンク

 

お葬式費用の平均相場っていくら?

お葬式の費用がない!安くする方法はあるのか?

お葬式を行なう時に気になるのがどれくらいお金がかかるのがだと思います。

「葬儀費用」は地域や参列の人数・規模によって大きく変わりますが、ひとつの目安として考えると良いと思います。

もちろん地域の慣習などによっても変わってきます。

 

大体葬儀費用の平均は約195万円くらいです。

昔はそれより費用は大きく、葬儀社に勧められるままに大きな祭壇や式場を手配して、葬儀費用が膨れ上がっていくといったことが当たり前のようにありました。

 

ですが、この葬儀費用ですが年々葬儀にかける費用は減少しています。

今は、葬儀に関する情報をネットで集められるようになり、最適な葬儀内容と費用を把握できるようになりました。

 

しかし、中にはまだ何も知識がなく葬儀社に進められるがままに葬儀を決めてしまい、金額がふくれあがってしまったという方も中にはいます。

葬式などをする際はご自身で情報を集めてから葬儀などを決めていかれるといいと思います。

 

また、規模等によりこの平均も多くがこの金額を下回っているという意見もありますので、安く葬儀を行いたい方はご自身の希望のプランに沿わせながら予算を組むと良いでしょう。

 

お葬式にはどんな費用がかかるの?

お葬式の費用がない!安くする方法はあるのか?

お葬式にかかる費用は主に3つに分けられます。

1つ目は、葬儀一式費用

これはご遺体の搬送や通夜・告別式、火葬に必要な物品、人件費などが含まれた費用です。

 

一般的に「葬儀プラン」と呼ばれている部分の費用であり、全国平均はおよそ121万円となっています。

 

2つ目は飲食接待費用

通夜から葬儀にかけて振る舞う飲食費や人件費で、参加人数が多いほど費用がかかります。

一般的な形式の葬儀における飲食接待費の全国平均はおよそ30万円となっています。

 

この費用は葬儀社に手配を頼むか、もしくはご自身で飲食店を手配することもできる費用です。

おおよその費用は、通夜式後の「通夜ぶるまい」と、火葬後の「精進落とし」の参加人数に、一人前あたり4,000円程度をかけることで予算を立てられます。

 

3つ目は寺院費用

お付き合いのある寺院のご僧侶をお呼びし、読経や戒名授与のお礼として渡すお布施の費用です。

 

一般的な形式の葬儀の場合、通夜での読経から、翌日の告別式や火葬時の読経までを依頼します。費用相場はおよそ47万円となっています。

お布施は地域や依頼する寺院により幅がありますので注意。

 

お葬式の費用がない!安くする方法は?

お葬式の費用がない!安くする方法はあるのか?

葬式にかかる費用が分かったところで、これらを安くする方法を見ていきましょう。

 

ポイント1

まずは葬儀にかかる費用をご自身で把握する事です。

各市町村や地域で相場は異なり、各葬儀内容によって金額が大きく変わります。

 

例えば葬儀の規模を小さくした場合、接待費などの費用は少なく出来ますし、宗教的な儀式に特にこだわりがないのであれば、儀式を省いた葬儀を行うことで葬儀一式の費用を抑えられます

 

今は家族葬も多い世の中ですので、もし家族だけで行なう場合の相場は約115万円ほどに押さえる事が出来ます。

 

もし、さらに安く押さえたい場合は飲食をしない葬儀にすればその分の費用が抑えられます。

大体は通夜・告別式などを経て火葬に移りますが、火葬のみの儀式を行ないます。

 

そうすれば、火葬や直葬の費用も抑えることで安く済みます。

あくまで平均ですのでこれよりさらに押さえる事は出来るので、予算などを参考にしてみて下さい。

 

ポイント2

葬儀の内容をしっかり把握し、かかる費用を事細かに把握する事です。

葬儀自体にかかる費用を抑えることが出来るのが分かりましたが、その葬儀の中身にかかる費用を把握するのです。

 

例えば、どのような形式(宗教葬儀、非宗教葬儀)であげるかによって金額が変わります。

式場の場所や広さ(式場の規模により祭壇のサイズも変わります)によっても金額が変わります。

 

通夜等にかかるふるまい用のお一人あたりの飲食費の予算をどうするか、香典返しの商品単価はいくらに設定するか、遺族や僧侶を送迎するハイヤーの有無、マイクロバスなど送迎バスの利用の有無や台数など決めなければいけないことは沢山あります。

 

そのかかる費用を把握しておけば、葬儀社に決めて貰わない代わりに自ら決めて葬儀費用を安く出来るのです。

 

ポイント3

いくつかの葬儀社で見積もりを出して貰い、費用を比較するやり方です。

葬儀社と言っても非常に多くの会社があります。

 

そして、その葬儀社によって金額が少しずつ違います。

この葬儀費用はその葬儀社が決めている金額なので、ここの葬儀社によって変わります。

ですので、いくつかの葬儀社で見積もりを取って貰うことをお勧めします。

 

削除できそうな条件や、かかせない条件など自分の希望を複数の葬儀社を一括見積もりして比較することで無駄な出費を抑えることができるでしょう。

葬儀費用の平均や最安値を比較して希望にあったプランが選べます。

 

見積もり費用は完全無料でしてくれて、24時間365日対応、急ぎの時でも最短10分で紹介してくれるところもあるので急な葬儀が入った場合などには活用してもよいのではないでしょうか。

 



スポンサーリンク

 

お葬式の費用がない場合の対処法は?

お葬式の費用がない!安くする方法はあるのか?

葬式などはどうしても急をようしてしまうものです。

急な訃報で早急に費用を準備出来ない場合もあるかと思います。

そんな時はどうしたらよいのでしょうか?

 

葬祭費の補助・扶助制度を利用する方法があります。

国民健康保険加入者の方であれば、亡くなられてから2年以内に申請することで1万円~5万円の葬祭費が支給されます。

 

また、社会保険加入者の方は、5万円の埋葬料を受け取ることができます。

支給される金額や手続きに関しては、各自治体や保険事務所により異なります。

生活保護を受けられていて、葬儀費用の支払いが困難という方であれば、葬祭扶助制度により、自己負担0円で葬儀を行うことができます。

 

ただし、葬儀の前に手続きが必要となります。

その他に葬儀の保険やサービスを利用する方法もあります。

葬儀のための保険に事前に加入しておくことによって、葬儀費用を安く出来る保険です。

 

その他、寺院手配サービスを利用する方法もあります。

現在お世話になっているお寺がないのであれば、葬儀でお勤めいただくご僧侶の手配サービスを利用することで、費用を抑えられます。

 

ですが、まずは葬儀社に相談・見積もりの依頼をして費用の比較をするのをお勧めします。

 

葬儀社への相談・見積もりはこちら

 

まとめ

お葬式の費用がない!安くする方法はあるのか?

今回はお葬式の費用を安くする方法をお葬式のお金がどれくらいかかるのかも踏まえて見ていきました。

葬式にかかる費用がどれくらいなのか、葬式費用も3種類あることや費用を抑えるポイントなど知っていただけたでしょうか。

平均費用を知っておくだけでも葬式にどれくらいの金額がかかるのかが分かるので事前に貯蓄出来ますよね。

 

そして、葬式の費用は葬儀社に全部任せなければ、安く出来る方法もあります。

葬儀にかかる費用を安くしたい方は、まずは資料を取り寄せ、葬儀費用の見積もりをとっておくことをおすすめします。

万が一のための知識を身につけておくのも大切な1つです。

 



スポンサーリンク