服装

葬式に行くときのストッキングの色やデニールは?

葬式に行くときのストッキングの色やデニールは?

喪服に合わせるストッキング、突然の訃報となると見落としがちなのが足元のマナー。

葬式などは意外にマナーが多いので、参列する時には気をつけたいですよね。

 

女性の場合、足元は特に見られやすいところなので注意が必要です。

そこで今回は、意外に迷ってしますストッキングをピックアップしていきます。

 

葬式に行く際にストッキングの色はどうしたらいいのか、デニールはどれくらいを選んだらいいのかなど迷ってしまう色とデニールについて見ていきたいと思います。

 



スポンサーリンク

 

葬式ではストッキングを履かないといけないのか?

葬式に行くときのストッキングの色やデニールは?

葬式の席では女性の方が必ず履いているのがストッキングですよね。

ストッキングって博のが面倒だし、履かないといけないのかと思ってしまいますが、葬式に参列する時にはストッキングは絶対必要です。

昔からお葬式のマナーとして素肌は隠すことが前提です。

 

素肌で行くのはマナー違反となります。

そのため、ストッキングを履く。

パンツスーツで行く等で素肌は隠すようにすることをオススメします。

 

伝線する可能性もあるので、予備はカバンに入れておくといいですね。

男性も同じで、素足で葬式に参列するのはマナー違反になります。

男性もしっかり素肌を隠すために靴下を履きましょう。

 

葬式で履いてもいいストッキングの色は?

葬式に行くときのストッキングの色やデニールは?

では葬式で履いてもいいストッキングの色を見てきます。

 

親族・遺族として参列する場合

喪服に合わせるストッキングの色は基本として黒色を選びます。

親族や遺族問わず黒色です。

特に親族や遺族は正喪服を着るので、喪服に合わせて小物も全て黒で統一します。

 

なので、ストッキングも黒を選びましょう。

薄いグレーや薄い黒色も中にはありますが、出来るだけ黒色を選ぶ事をお勧めします。

葬式などはそうしても急をようしてしまう場面が多いです。

 

今の時代、コンビニエンスストアや100均ストアなどにも葬式用のストッキングは販売されているので、急に必要な時は使用してみてもいいと思います。

成人を迎えると喪服を着る機会が増えるので事前に黒色のストッキングを準備しておくのもよいのではないでしょうか。

 

会葬者として参列する場合

葬式に会葬者として参列する場合にも、使用するストッキングの色は基本的に黒色を選びます。

葬式は服装も小物も全て黒で統一するために、ストッキングも黒を選びます。

会葬者が遺族や親族と違う点は、最悪肌色のストッキングでもいいと言う事。

 

基本は黒ですが、会葬者の中には急いで駆けつけた事を意味させるためにあえて肌色のストッキングを履いてくる方もいるのです。

 

ただ、肌色のストッキングを使う場合は出来るだけ通夜の席だけにしましょう。

葬式などは黒を用いた方が良いです。

 

葬式に履いていくストッキングのデニールは?

葬式に行くときのストッキングの色やデニールは?

葬式に履いていくストッキングで大切なのが厚みです。

ストッキングとは一般的に30デニール以下の厚さを指します。

目安として、うっすらと肌が透けるくらいがベストです。

 

お店で売られているパッケージでの見た目と実際に履いたときの肌の透け感が思った以上に違う場合もありますので、購入したら一度試し履きをしておくと安心です。

葬式に用いるストッキングは厚めであまりラフにならない60デニール以下にしましょう。

 

ぱっとみてギリギリ薄いかな位のデニールです。

それ以上になると黒くなりすぎて違和感が出てしまうので注意してください。

ストッキングではないものにタイツなどもありますが、タイツは葬式にはあまり好まれないので控えます

 

寒い冬の時期に着たくなりますが、出来るだけストッキングを心がけます。

どうしても寒い日は防寒として着てもいいと思うので臨機応変に対応しましょう。

 

もし、どうしても寒い場合はパンツスーツを着て防寒対策をしたり、今はヒートテックなどもありますので使用するのもよいのではないでしょうか。

 



スポンサーリンク

 

葬式で履いてはいけないNGなストッキングとは?

葬式に行くときのストッキングの色やデニールは?

ストッキングは黒色を選ぶのは分かったが、それ以外にも履いてはいけないストッキングはあるのか知りたいですね。

葬式の場合は服装も黒で統一するので基本黒を選びます。

その中でストッキングなども今沢山の種類や色があり、少し装飾がついたものやラメなどが入ったものがありますよね。

 

マナーとしてはどうなのでしょうか。

特に、原色のストッキングはまずマナー違反のストッキングです。

黒か肌色と言われているのに他の色を選択するのはまずNGです。

 

ストッキングも柄付きのストッキングや黒でもキラキラ光ったり、装飾のついたものだったりおしゃれなストッキングが増えています。

とても素敵ですがお葬式ではNGです。

 

肌色でタトゥーを入れたようになるタイプなどもNGです。

網タイツなどもいけません。

装飾がついたストッキングを履いてしまうと、どうしても華やかさが出てしまいます。

 

女性の場合は特に足元は見られる場所なので注意しましょう。

 

葬式でストッキングを履く時の注意点は?

葬式に行くときのストッキングの色やデニールは?

では葬式に行く際にストッキングを履く時の注意する所を見ていきます。

 

1:破れた時のために予備のストッキングを持っていく

葬儀や法事は、正座や立ち座りなど足の動きが多く、色々と動いたりするものでストッキングももしかしたら伝線したり、破れたりするかもしれません。

もし万が一そのような事態に陥った場合どうすればいいのか困ります。

その様な不測の事態のために伝線しやすい薄手のストッキングは一組予備を準備しておきましょう。

 

通夜や葬式などは突然やってきたりするので手元に持っていない場合があると思います。

そのために突然の訃報にもスマートに対応できるよう、自宅だけでなく職場に置いておくのもよいです。

前もって準備しておくのも大人の女性としてのマナーのポイントです。

 

2:派手なネイルは控える

女性の場合は喪服を着る際にワンピースタイプが多いので何かとストッキングを履く事が多いと思います。

その際に足の爪にネイルをされている方も中にはいると思います。

靴を脱際に薄いストッキングを履いている方だとどうしても透けて見えてしまうので注意が必要です。

 

特に、派手なネイルをされている方は控えた方がいいです。

葬式は派手に見える事は控えるのがマナーなので派手に見えるネイルは基本NGです。

 

ナチュラルな色のネイルであれば問題無いのですが、派手なカラーのネイルは事前に落としていきましょう。

 

まとめ

葬式に行くときのストッキングの色やデニールは?

今回は、葬式に行くときのストッキングの色やデニールについて見ていきました。

女性の場合は男性よりも服装や身なりなどに気を使う事が多いので大変です。

ストッキングにも葬式ならではのマナーがあり、しっかりデニールでさえ決められているのでビックリですね。

 

葬式自体マナーとして何かと黒色を選ばないといけないので派手な色はNGです。

大人なマナーとして事前に予備を準備したり、ネイルも事前に落として守っていきましょう。

大人になると葬式などに行くことが多くなると思います。

 

足元は意外にも周りから見られている場所なので葬式マナーをしっかり守って恥をかかないようにしたいですね。

いざというときに困らないためにも、女性は日頃より喪服とストッキングをセットで用意しておくとよいのではないでしょうか。

 



スポンサーリンク